• お気に入り
  • 132もぐもぐ!
  • 6リスナップ
手料理
  • 2021/01/09
  • 1,397

からすみ砧とからすみ餅

レシピ
材料・調味料
作り方
1
からすみのはしっこの方を筒状に切る。
大根はごく薄くかつら剥きにしたものを用意する。量はからすみを巻くだけなのでわずかでよい。
からすみを大根で巻く。
2
求肥をなるべく薄くひらたく作り、大根巻きにしたからすみをさらに巻く。火傷に注意。
包丁で切って断面を見せる。
3
形を整えるために落としたからすみと、余った求肥でからすみ餅にする。
ポイント

求肥は砂糖なしで作っています。
砂糖入りのものより格段にネバネバするので扱いにくいです。

みんなの投稿 (6)
Karasumi Mochi

Karasumi: Japanese Bottarga, Salt-Cured Mullet Roe
Mochi: Pounded Rice, Rice Cake

長久堂に砧(きぬた)という和菓子がある。
和菓子の世界では、この場合の和菓子の世界というのは、つまり茶道とともに発展してきた京都の和菓子の世界という意味だが、屋号をもつ菓匠はかならずひとつ独自の和菓子を持つのだという。その店ができるまでは存在していなかった、新しい菓子を創作してはじめて、新たな菓子屋として認められる。
だいぶ以前に酒の席で聞かされた話で、これが事実なのかどうか、事実としてどの時代の、どの範囲の話なのかを私は知らない。
が、もしもそうした店の看板になる菓子があるとすれば、長久堂の場合、この砧という菓子がそれにあたるのだろう。羊羹を芯に真白い求肥を巻いた美しい菓子である。

私はこの長久堂の菓子が好きで、とくに餡が絶品である。さらさらと軽い生クリームかメレンゲのように口当たりよく溶けていく素晴らしいでき。「あんこ」でしばしば想起されてしまう野暮で重くあまったるいイメージのものとは別物と言ってよい。
京都に暮らしていた頃は、好きな女の子ができると必ず誘った店だった。

なんか甘酸っぱい思い出みたいに書いてるけど、ファーストデートが和菓子屋の喫茶室ってどうなのよ⁉️

だいぶ話が逸れてしまったが、からすみ餅と言えばもちろん #和久傳 である。
せっかくからすみを仕上げたので #からすみ餅 にしようと思ったが、搗きたての餅を手に入れる算段がつかないので求肥で代用した。
ならばと悪戯心に、からすみをごく薄く剥いた大根で巻いて、さらに求肥で巻き、#長久堂 の砧に見立てたものを作ってみた次第である。

しかし悲しいかな素人ゆえ、求肥の扱いに悪戦苦闘し、そんな綺麗に巻けなかった。大根も餅の色にとけてしまうし、ならば色つきの大根を使えばよかったなぁ、と今更ながら思ったり。

#おつまみ
#からすみ
#ボッタルガ
#和食
おおっ‼️きた〜👍
求肥とは新鮮です❣️
私はてっきり、しゃぶしゃぶ用の薄切り餅で挟むのかと思ってました。
Yossarian から かおる
まずは出来立てのお餅でやってみたいなぁ、と求肥を練りました

…ヤケドしたけど😢

焦げ目つけたのもやってみたいので、次はふつうのお餅でも作ってみますよ😆
(それまでカラスミ残しておかないと…
大事なことを書き忘れてました。
求肥は無糖で甘味をつけずに作っています。
かおる から Yossarian
手作り‼️すごすぎる〜💕
Yossarian から かおる
求肥はすごーく簡単ですよ

粉と水入れて火にかけて練るだけ🍡
なんなら軽量したのレンチンして混ぜるだけでも、たしかできるはず

ただ、出来立てを素手で持つと✋🔥🔥🔥
もぐもぐ! (132)
リスナップ (6)