• お気に入り
  • 140もぐもぐ!
  • 2リスナップ
手料理
  • 2014/05/14
  • 2,204

栄養抜群!あじの干物の和朝食

みんなの投稿 (2)
1日をより良いものにするために、「朝食」を食べることは欠かせません♪
和食のごはんは満腹感が持続しやすく、食パンに比べると血糖値も上がりにくくなります。
さらに、主菜(肉・魚・卵・大豆製品など)や副菜(野菜など)を組み合わせるので、栄養バランスが整いやすく太りにくいもポイント★今日はおすすめ朝食をご紹介します。
献立内容は、あじの塩焼き・青菜のお浸し・納豆ごはん・味噌汁・果物
おすすめポイントはたくさんありますが、まずは良質たんぱく質をしっかり摂れること。
あじの干物は、中性脂肪を抑える不飽和脂肪酸のEPA・DHAが豊富。干物は、生のあじと比較すると、ビタミンB12は約12倍!ビタミンB12は貧血対策に不可欠で、葉酸と一緒にとることで悪性貧血の予防に効果的。
葉酸は青菜のお浸しでとれるのでばっちりですよ!
発酵食品である納豆は、食物繊維が多いので腸内環境を整えます。そして果物のビタミンCは、コラーゲン生成を促しハリのあるお肌に近づきますよ。定番の和定食、ぜひとり入れてみては?
もぐもぐ! (140)
リスナップ (2)