• お気に入り
  • 49もぐもぐ!
  • 3リスナップ
手料理
  • 2018/11/14
  • 244

いちじくのレアチーズケーキ

レシピ
材料・調味料 (2 人分)
作り方
1
・クリームチーズは室温で柔らかくしておく。
・板ゼラチンはたっぷりの氷水に浸して、冷蔵庫に20分以上入れておく
・生クリームはボウルに入れて、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておく。
2
クラム(土台部分)を作る。グラハムクラッカーとロータスビスケットをフープロで回し、途中、溶かしバターを加えて更に混ぜる。牛乳を少しずつ(←ポイント)加え敷き詰められる固さにまで細かくする
3
12cm丸型底取れの内側にクッキングシートを巻き、クラムを敷き詰める。マグカップなどで押し付けると綺麗にできる。冷蔵庫で冷やし固めておく。
4
生クリームを氷水に当てながら泡立てる。ボウルを傾けて流れない程度。→そのまま氷水で冷やしておく
5
別のボウルに卵黄と水を混ぜ合わせ、グラニュー糖を一気に加えて混ぜる。
6
5を湯煎にかけながらゴムベラで混ぜて温める。83℃を超えないように。
80℃前後で湯煎から下ろして速やかにハンドミキサーで泡立てる。低速→粘りが出たら中速。もったり白っぽくなるまで。
7
温めた牛乳に、水気を拭き取ったゼラチンを溶かす。それを、柔らかくしておいたクリームチーズに、5〜6回に分けて少しずつ混ぜ合わせる。
8
7に、6と冷やしておいた生クリームをゴムベラで混ぜ合わせる。(生クリームは混ぜ合わせる前にもう一度少し泡立てると良い。)
氷水に当てながら、ややとろみがつくまで混ぜ合わせる。
9
型に流し込み、輪切りのいちじくを埋め込む
10
冷蔵庫で半日冷やし、型から抜き取る。
いちじくを盛り付ける
ポイント

コメントでも書きましたが、イチジクを美味しく食べることを主役にしたレアチーズケーキです。

いちじくの甘みと酸味を引き立てるために、甘さは控えめ&ヨーグルトやレモン汁は加えません。
カラメルとシナモンを効かせたクラムはいちじくと好相性です。

口当たり滑らかで、後味は上品です。おためしあれ。

みんなの投稿 (1)
無花果の季節が終わる前に。
作りたかった【無花果のレアチーズケーキ】です。
昨日の仕事帰りに、ケーキ向きな、しっかりと形は保ちつつも熟した甘みありそうな子を見つけ、連れて帰ってきました。

シンプルなものこそ手を抜かず、久しぶりのスイーツ作りでした。
・卵黄を泡だててて加えることで、ふんわりと滑らか、かつ、上品でコクのある味わいに。板ゼラチンを使用し舌触りも滑らかです。
・いちじくの甘みと酸味を引き立てるために、甘さは控えめ&ヨーグルトやレモン汁は加えません。
・カラメルとシナモンを効かせたクラムはいちじくと好相性です。

せっかくだから果物を美味しく食べたいと考えて作ったケーキです。

カットした部分でいちじくが足りなくなっても、奥の大きいのに乗ってるいちじくも全部食べていいのよ〜っていうシステムは、背徳感溢れるものでありながら高揚感があり、堪りません。
もぐもぐ! (49)
リスナップ (3)