• お気に入り
  • 33もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/09/24
  • 458

熱々ごまだれと自然農場野菜でつけ麺

レシピ
作り方
1
お好みの野菜を下処理します

今回は、ミニトマトと大根菜
どちらも自然農場 風天さんの野菜(^^)

ミニトマトは食べやすくカット
大根菜はお浸しで食べるぐらいに
湯がきます

ゆで卵をつくります
2
つけ麺用の麺を茹でながら、
ヤマサ ごまだれ専科ストレートを
湯せんで温めます

麺が茹であがったら、
流水でしっかりぬめりを
洗い流して引き締めます

お好みで、アボカドオイルや
エゴマ油などで麺を和えたり、
麺を熱盛りに変えても
さらに美味しくなります

お皿に、麺、野菜、カットしたゆで卵、
別皿に乾海苔、軽く温めたごまだれを
盛り付けたらできあがり
みんなの投稿 (1)
SnapDishさんの料理グランプリ企画は毎回楽しい内容ですが、今回はヤマサさんとのキャンペーン企画「夏バテ&熱中症対策料理グランプリ!2016」というのがありました。

で、今年の夏は暑かったので、いつものごとく食べたいもの作ってたまたま投稿してたのを見つけていただいたみたいで、当選のお品をいただきました。

今回のつけ麺のつけダレに、当選でいただいた「ヤマサ 金ごまの香味 ごまだれ専科ストレート」を使ってみました。

ざるうどん
冷しゃぶ・サラダ
しゃぶしゃぶ
温野菜

あれもこれもそのまま使えるストレートタイプでとっても便利です。

金ごまを50%使って、ごまの深い味わいを生かした万能タイプのごまだれ!

たれの味わいが変わらないように、乾物海苔専門店石井商店さんの特選焼きのりにごまだれをつけてから、麺を包んで食べます(石井商店さんは大物タレントの出川哲朗のお母さんの実家ということでもかなり有名です)。
http://asu-net.info/regional/1869

この食べ方だと、つけダレが麺の水分や小麦の成分で変わらずに最後まで、タレの風味と味わいを楽しめます。

石井商店さんの焼きのりとヤマサごまだれの香りと旨味の相乗効果をぜひお楽しみください。

自然農場 風天さんの美味しい地野菜のしっかりした味わいとも好相性です。
http://foo-10.com

ヤマサさんの参加型サイト「ヤマサ ハッピーレシピ部」にも、旬の素材やレシピ、裏ワザ情報が紹介されていて、楽しく料理力アップできそうです。
https://resipe.yamasa.com
もぐもぐ! (33)