• お気に入り
  • 1もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/07/26
  • 261

いろいろ挟めるピタパン 簡単パン用語あり

レシピ
材料・調味料
強力粉(イーグル)
200g
ドライイースト
3g
きび砂糖
5g
3g
125ml
オリーブオイル
15ml
黒ごま
大さじ2
作り方
1
ホームベーカリーにて一次発酵までおこなう。オリーブオイル、黒ごまはこね上がり5〜8分前に投入する。ホームベーカリーのミキシング力により変わるのでオイルが混ざらなかったら取り出してしっかり捏ねておく。
2
ガス抜き→6分割→丸め→ベンチタイム15分
3
成形 均等な厚みになるように円状に生地を伸ばす。オーブンシートを、天板にしき裏面を上にして生地を乗せる。オーブン予熱250度スタート。仕上げ発酵は予熱間のみです。
4
焼成前の生地の状態少し生地が発酵してます。ベンチタイムくらいでしょうか。
5
オーブン230度13分焼成。写真は黒ごま入りではないですが水分が均等に回っていればこんなに膨らみます。
6
カットするとパックリ開きます。
7
今回は熱の回る場所だけぷっくり 予熱をしっかりしないとダメですね。開かなかったらナイフで切り込みを入れれば挟めます。
8
お好きな具材を挟んで召し上がれ♪サニーレタス、パプリカ、ハム、チーズ、ブロッコリースプラウト、チョリソーソーセージ、マヨネーズ、シーザードレッシング、ケチャップ使用してます。
みんなの投稿 (1)
8月4日投稿した膨らむピタパン改良版を書いてます。是非そちらでお試しください。

ピタパン ポケットパンとも呼ばれます。

お好きな具材をピタパンに挟んで食べます。

手が汚れないので食べやすくお弁当にも良いですよ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

ピタパンは2次発酵がほとんどないです。
オーブンを温めている時間のみ
15分くらい この間は生地が乾燥しないようにビニールをかぶせておきます。

膨らますポイントは庫内を高温にしておく。
生地は発酵が進まないように。涼しい場所におく。
閉じ面の裏側を上にして焼く。
綿棒で表面の生地を伸ばしてフラットしにした面が下になります。

これは他のパンとは違うところ。

2次発酵がいらないので早く焼き上がります。

伸ばした面は均一になるように

厚みは3〜5ミリくらい

ワイド天板を使用しているので6枚焼けますが

一度に焼けない場合は成形前に半分量を冷蔵庫に保存して発酵を止めます。←あまりやらない手法ですが(ー ー;)本当ならばミキシング後の一次発酵どきに行うのが良いです。

簡単なパン用語

ミキシング→ホームベーカリーやニーダー(捏ね機)でこねる事
材料を混ぜ合わせ捏ねる事なので手ごねでもミキシングになるかと思います。←追記です。

一次発酵→ 生地をミキシングした後に生地を発酵させる事。

2次発酵→二回目に発酵させること。

焼成→オーブンで焼き固めること。

予熱→オーブンを温めること。

予熱250度の場合はオーブン機能250度に設定して このパンのように下げる場合は生地を投入したらオーブンの温度設定を230度に変えます。

焼き時間はレシピからあまり変えない方が良いのですが焼きが足りない場合は途中に温度を上げる
焼きすぎならば温度を下げたりアルミホイルをかぶせたりします。

焼成時間を長くしすぎるとパンの水分が抜けすぎて硬くなります。逆に短いと生焼けや腰折れのパンができます。

家庭用オーブンは扉の開閉で温度が何度でも下がります。

腰折れ→パンがクシャッと潰れる。 #自慢の絶品手作りパンレシピネタ
もぐもぐ! (1)