• お気に入り
  • 25もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2015/08/10
  • 431

熟成発酵玄米ご飯 たっぷりごま塩と本物梅干、旬野菜のぬか漬け、貴重な古来製法伝統味噌の海藻たっぷり味噌汁

みんなの投稿 (1)
内海聡医師(Tokyo DD Clinic 院長)
「1日3食をやめなさい!」
より一部抜粋

老化と万病のもとは食べ過ぎ

現代人はカロリーオーバーで栄養失調になる人が増加。
 
2. 「食べ過ぎない」と健康で長生きできる理由

〜まずは2週間、朝食を抜いてみましょう。その際「脳」の欲求より「腸」の要求に従いましょう。

「日本の野菜は世界で一番危険」日本の農薬使用料は世界トップレベルで、これを解毒しようとして、野菜は自らの栄養分をその分解と排出にあてます。

「(農)薬」は「毒」と考えていいめ、野菜を選ぶ場合は「自然農」のもの、できれば「固定種」のものを選びたい。
「何を食べるか」ではなく「何を食べないか」という観点も大事です。


4.現代社会では「毒抜き」は必須

つい「ご飯」や「ラーメン」をかきこんでしまう人は緩やかに糖質を抜きましょう。

解毒作用を持つ食べ物とは?玄米、梅干し、たくあん、ぬか漬け、納豆、根菜類、自然薯、ねぎ、らっきょう、海藻、香草、はと麦、などがあります


5.「体にいい食事」を考える

長崎に原爆が落とされたあと、自らも被爆しながら、被曝者の治療に当たった秋月辰一郎氏の言葉があります。

「造血細胞に賦活力を与える。砂糖は造血細胞には毒となり、血液を破壊する。だから砂糖は絶対にいかん。玄米に塩をつけて握りからい味噌汁を飲むんだ」

「玄米ご飯」と「からいみそ汁」は日本人が健康になるための一番の基本と言っていいでしょう。
  
このほか食材に関してはきちんと「栄養がとれるもの」を選ぶ。

米は無農薬の「玄米」「古代米」
野菜は「自然農」、できれば「固定種」のもの
肉と魚は「自然に育てられた」もの
調味料は「昔ながらの製法」のもの
油は「圧搾一番しぼり」のもの
また日本人の知恵である「発酵食品」
(みそ、しょうゆ、塩麹、ぬか漬け、納豆)も選びたい。

(参考)

【動画】内海聡先生 心と体の健康のために したいこと/してはいけないこと
https://www.youtube.com/watch?v=lvXCL69d7U8

長崎放送 秋月辰一郎医師
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/peace/voices/no11.php
もぐもぐ! (25)