• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
  • 2016/09/29
  • 75

蒸し生姜で体温UP!健康調味料~生姜紅茶

レシピ
材料・調味料
作り方
1
スライスした生姜を、オーブン100℃で2時間ほど加熱するとカリカリになりました。生姜は乾燥させると1/10量になってしまいます。
2
ミルで粉末に*紅茶などの飲み物に、煮魚の臭い消しに、炒め物に、味噌汁や鍋に何でもふりかけて使えます。
3
半日天日干しした分は、翌日天気が悪かったので、オーブン100℃で1時間加熱してカラカラにしました
4
スライスで乾燥(スープ、鍋ものに利用)
5
noeちゃん、ペコリ復活おめでとう(^^)/これからも、楽しみにしています生姜紅茶いかがですか~♡
みんなの投稿 (1)
noeちゃんが、自家製してる「蒸し生姜」すごい健康パワー調味料なんです!

「蒸し生姜」
生の生姜をを蒸した後、乾燥させたもの
干し生姜、乾燥生姜も同じようかな?

粉末のもの、みじん切りのもの、薄切りのままのもの用途に応じてあると便利
使ったことはないけれど、市販品もあります

生の生姜には、ジンゲロールという辛み成分が含まれていて
血液の中を流れ、末梢の血管を広げる作用があります

血流が良くなりポカポカしてきますが、深部にある熱を末梢に送り出すので
深部体温はやや下がってしまう

生姜を乾燥させると、ジンゲロールの一部がショウガオールに成分変化し
胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、深部の熱を作ってポカポカになる
生の時よりもショウガオールは400倍にも増えるとか

低体温は、免疫力低下や万病の元と言われます
毎日小さじ1杯摂ることで、体温を高くする効果が期待できるそうです

いろいろ使えますね
・味噌汁、麺類、鍋、スープに入れる
・紅茶に入れて生姜紅茶
・ドレッシングに混ぜる
・炒め物のスパイスに
・炒飯に
・ラー油に(蒸し生姜みじん切り)
・ジンジャークッキーなど菓子作りに 等々

◎ 腸を温めると、「むくみ」にも効果あるそうです

腸が冷える → 腸の動きが悪くなる → リンパの流れが悪くなる → 腸がむくむ → 身体全体がむくむ
腸冷えが悪化すると、むくみだけでなく、免疫力の低下、疲れ、栄養バランス悪化など影響がある

<蒸し生姜をちょい足しして、腸を効果的に温めるポイント>
・タンパク質豊富な食材と合わせて食べる(例 豆乳・牛乳など)
・約65℃の飲み物やスープに加える

<蒸し生姜粉末の作り方>

① 生の生姜を、繊維にそって1~2mmにスライス
② スライスした生姜を重ならないように並べる
③ a)天日干し1日
b)室内放置1週間
c)100℃のオーブンで1時間加熱する
カラカラにするまで10分ずつタイマー追加
d)レンジ加熱(発火の恐れあり注意)
④ カラカラになった蒸し生姜を、ミルやすり鉢で粉末状に
⑤ 清潔な瓶に入れて完成(常温で3カ月保存)

* 蒸し生姜は、スライスしてから蒸し器で30分ほど蒸してから、1日~2日天日干しするそうです。オーブン加熱がやりやすいかな?! #ドレッシング・たれ #おすすめ万能調味料を使ったお料理ネタ #おやさい