• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/10/29
  • 108

栗ごはんでふくさ寿司風おにぎり

レシピ
材料・調味料
ソイラッパー
5枚
栗ごはん
茶碗2/3×5
貝割れ大根
少々
ガリ
少々
作り方
1
栗ごはんはラップで長方形に握っておく。ご飯が8個セットされてるけど、気にしないでね( ^ω^ )
2
ソイラッパーで袱紗折りにして栗ごはんを包む。山本山が、海外のみで販売しているソイラッパーです。大豆で出来ていて、海苔みたいに薄いけど、柔らかいので、海苔より扱いやすいです。日本では手に入らないので、生春巻きの皮を水で戻したもので代用してみても作れると思います。
3
貝割れ大根10本をレンチンで10秒温めて柔らかくしておき、二本を一組にして2を巻く。ガリを丸めて薔薇を作る。
4
器にソイラッパーで包んだご飯、残りの貝割れ大根、ガリの薔薇を並べて出来上がり。今日もおにぎりアクションに投稿します。少しでも寄附出来たら良いなと思っています(o^^o)
みんなの投稿 (1)
今日は朝から雨が降ったり晴れ間がのぞいたりと、不安定なお天気なので、せめてランチくらいは華やかに、簡単に、と思って、昨日の栗ごはんの残りを使って、ふくさ寿司風のおにぎりを作りました。
ソイラッパーという、海苔売り場にある大豆で出来たシートを使っているので、薄焼き卵が上手に作れない私でもふくさ寿司っぽい料理を作ることが出来ましたよ(^ω^)
このソイラッパー、日本でも販売されたら売れるのにね(*´∀`*) #秋の「行楽弁当」ネタ