• お気に入り
  • 177もぐもぐ!
  • 7リスナップ
手料理
  • 2021/03/20
  • 1,255

ボンゴレ・ビアンコの"ヌキ"

レシピ
材料・調味料
作り方
1
アーリオオーリオを作る。
フライパンにやや多めのオリーブオイルをとり、潰すかスライスしたニンニクを入れてごく弱火にかける。スライスなら十円玉2枚ほどの厚みに。
焦げ臭さを出したくないのでニンニクが色づくまでは火を入れない。途中から鷹の爪を加える。
2
オイルに十分香りが出たら、砂を吐かせたアサリを入れて強火に。
軽く揺すって即座に白ワインを入れて蓋をする。ワインが十分沸いたら火をやや緩める。
鍋をゆすり続け、貝を開かせる。
3
貝に十分火が通ったら汁を味見し、塩気が足らなければ塩をする(分量外)。アサリのもつ塩気だけで十分なことも多い。
皿に盛り、イタリアンパセリを散らしたらできあがり。
ポイント

面倒なので私はやりませんが、アサリを入れる前にニンニクを引き上げておき、皿に持ってから乗せると、カリっとしたニンニクが食べられます。
一緒に蒸すとどうしてもしなっとした食感になります。
ただし、レシピ本文に書いたように、そもそもカリっとするまでニンニクを炒めるのはこの料理にはあまりあわない(香ばしさがアサリの邪魔をする)ように感じます。

みんなの投稿 (1)
Steamed Clams and Garlic

ぬき。あるいは天ぬきというものがある。
蕎麦屋のつまみで、天ぷら蕎麦などを蕎麦なしで、つまり汁と具だけで作ってもらうものを指す。関西でいう天すいに近いか。蕎麦抜きだからヌキ。
ものの書によると、かつて蕎麦は日本酒にあわないとされていて、ツウとされる酒飲みは蕎麦屋で飲む際、蕎麦を避けてこれを頼んだのだという。
私自身は蕎麦が日本酒にあわないと思ったことがなく、蕎麦をすすりながら酒を飲むこともあるので、この話自体どうも怪しいと思っているが…
もっとも現代的な日本酒と昔のそれは別ものと言ってもよいくらい違うはずなので(江戸時代とはまずアルコール度数が違う)、あるいは昔の日本酒は、当時の蕎麦にはあわなかったのかもしれない。


さて、今日の一皿はボンゴレ・ビアンコの麺抜きである。アサリの白ワイン蒸しと言ってしまえば身もふたもないのだが、アーリオオーリオを効かせ、適度に蒸しあげるとこれからの季節はたまらない。手早く作れるのでメインにひとつ足したい時にありがたい料理になる。
三月下旬、アサリはまだ早いか、もういいか。悩みながら買ってみたが、期待以上によい身のだった。これからゴールデンウィークくらいまで、どんどん美味しくなるだろう。この料理の出番も増えそうである。

#簡単料理 #晩ご飯 #蒸し物 #あさり #ボンゴレビアンコ #イタリア料理
もぐもぐ! (177)
リスナップ (7)