• お気に入り
  • 24もぐもぐ!
  • 2リスナップ
手料理
  • 2017/06/06
  • 212

今晩は、若鮎の塩焼き、鱧皮と胡瓜の酢の物、枝豆のすり流し、枝豆ご飯 二日間家を空け、今日は一日中仕事で帰宅も遅く、献立に物足りなさを感じますが、旬のはしりの鮎と鱧皮、田舎から送ってくれた胡瓜や枝豆をたくさん使って、初夏を味わいました。 鮎は一年で生涯を終えるため「年魚」とも言われますが、スイカや胡瓜のような甘い香り

みんなの投稿 (1)
続き

鮎は一年で生涯を終えるため「年魚」とも言われますが、スイカや胡瓜のような甘い香りがするので別名「香魚」とも呼ばれます。
内臓にも風味があるので、その香りを楽しむには塩焼きにするのが一番ですね。
踊り串を打って化粧塩をして、頭から食べられるようにしっかり焼いて、美味しく頂きました。

今日も美味しかった!
もぐもぐ! (24)
リスナップ (2)