• お気に入り
  • 20もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2014/04/05
  • 1,117

/// 朝野家館主簡単レシピ・いちご大福 ///

レシピ
材料・調味料
新鮮ないちご10個 こし餡150g(白あんでも美味しいですよ)
【求 肥】 白玉粉 150g 水200cc 砂糖80g 水適量(硬さ調整と手水) 片栗粉 適量(くっつき防止)
作り方
1
新鮮ないちごを用意しますが、少し酸味の強いものでも餡が甘いのでパンチが出ます。

水で軽く洗い水分を丁寧に拭き、ヘタを取っておきます。次にパットかクッキングペーパーに片栗粉を薄く全体に降ります。粗めのザルでやると簡単にできます。
2
こし餡を10分割し、手のひらで丸めてから伸ばして、中央にいちごを置いて、手の腹、指で回しながら餡を揚げていき全体に均等な厚さで包みます。

一番上の所は、親指と人差し指で円を作りながら絞っていきます。

包み終わると軽くこねて、いちごと餡を馴染ましておきます。ここまでが準備で求肥作りは時間との勝負です。
3
求肥の材料、白玉粉と砂糖を耐熱ガラスボールに入れて良く合わせておきます。

私は粒の白玉粉でしたので潰して馴染ませました。

電子レンジを使うので必ず耐熱のガラス容器がお勧めです。(金属やプラスチックは危険ですので使用不可です)、水200ccを少しずつ入れながら、完全に粒を無くすよう混ぜます。
4
③の容器にラップをして、電子レンジに入れます。我が家は600Wなので2分かな。

出してシリコンヘラ(熱いですから耐熱がベスト)で、頑張って混ぜます。

まだ水ぽい時はあと1分と小まめに繰り返してください。餅のように粘りが出て、粉っぽさがなくなれば出来あがりですので、片栗粉のひいたパットに移します。
5
求肥をスケッパーやナイフで10等分します。

1等分を手のひらに取り、その上に②のいちご入り餡を載せて包みます。出来たての求肥は熱く、手につきやすいので手水をつけながら伸ばして包みまとめます。

まとまると片栗粉まぶし、付かないようにします。

まな板のような所で丸めた手のひらを下にしてコロコロ転がすと適当に、粉が落ちて形が整います。

いちご大福の完成です!!
みんなの投稿 (1)
電子レンジを使うので短時間に簡単に作れる『朝野家館主のいちご大福簡単レシピ』です。

自分でつくると餡の量や甘さの調整が出来、作ってすぐ食べるので求肥も水分を吸いません。
もぐもぐ! (20)