• お気に入り
  • 94もぐもぐ!
  • 14リスナップ
参考にしたレシピ
みんなの投稿 (1)
ネットで横浜中華街の春節の記事を見て、気になったお菓子。
重慶飯店の商品を扱っているスーパーを見たが、そんなものは売ってない。

手持ちのレシピ本に載っていたので、以前から存在は知っていた。
しかし、餅?ういろう?なんだコレ?…と思っていた。


実際食してみると…美味いじゃないかw
餅というより、クルミゆべしに近いか?白玉粉と浮き粉だし。

味は、ココナッツより黒糖が強いなあ。砂糖の全量が黒糖だし。
ココナッツミルクと、あとピーナッツ油の代用で、ココナッツオイルも入れたけど。

ココナッツを活かしたいなら、砂糖は黒糖ときび砂糖や洗双糖を合わせる方がいいかも。
ココナッツシュガーなら最強かもしれないけど、高過ぎw
そもそも食べた事ないwww


その手元のレシピでは、冷え固まった時の食べ方が載っていなかった。
重慶飯店の『甜年糕』の紹介では、薄く切って両面をフライパンで焼く、とあった。

だが、「年糕」で画像検索すると、きんつば?ピカタ?のようなものが多く見られる。
どうやら、溶き卵を絡めて焼くらしい。
そこで、レシピ欄に張ったリンク先を参考に焼いてみた。
(配合は違うけど、材料と手順は私が実際作ったレシピと同じ)

あら…確かに美味い。香ばしい。
レンチンより、ただ焼くだけより、溶き卵のが一番美味い。
そして何より、重ねてもくっつかなくていいw


羊羹にしか見えないミニマルな外観がちと寂しいので、松の実と枸杞の実をのせた。
ナッツはとても合う。枸杞はそこそこ。
お供には山査子条も合っていた。ドライの杏も良さそう。


時折疑問に思ってたのだけど。
「餅」の意味するものが、日本語と中国語では全く違うのね。
日本ではもち米の搗き餅を連想するけれど、中国語では小麦粉で出来た、比較的平べったいものを指すようで。

「糕」は、米粉でも小麦粉でも、つまりもっちりでもふっくらでも、両方使うみたい?


ところでSDで「年糕」を検索したら、中国の年糕よりも、韓国の「トッポギ / トッポッキ」の方が多かった。
漢字表記がかぶるのね。ちなみにそれはうるち米の餅。

蒸したもち米を搗いて餅にするのは、アジアでも一部の地域らしい。
もち米にしろうるち米にしろ、多いのは粉にしてから作る、練り餅。
ウイキペディアの餅の項を読むと面白い。長過ぎて全部読んでないけど。


以下、色んな表記のメモ。

年糕 / Niangao
Chinese New Year's Cake
Chinese New Year Pudding

椰汁年糕 / Glutinous Rice Cake (Coconut Flavour)


ここまで読んでくれた方、お疲れ様でしたw
もぐもぐ! (94)
リスナップ (14)