• お気に入り
  • 11もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2015/04/18
  • 1,583

鶏手羽元と豆とキノコと水菜の具だくさんな和風トマト闇鍋風チャウダー(笑)

レシピ
材料・調味料 (8 人分)
鶏手羽元
8本
エノキ
1束
舞茸
1パック
昔風しっとり油揚げ
2枚
色んな豆の水煮缶
1缶
水菜または水菜または小松菜または青梗菜
1束
創味の京風だし(合わせダシ)
100cc
イタリアトマト缶(カット)
1缶
1200ml
ブーケガルニ
適量お好みで
エキストラバージンオイル
食べる直前にお好みで
作り方
1
水菜を一口大にカットして
青葉部分だけよけておく。
(煮込むと溶けて色も悪くなるので)

鶏肉手羽元はさっと水洗いしてぬめりと臭みを取ったらそのまま圧力鍋に入れる。

その他の具材も一口大(お好みの大きさ、長さ)にカットして2.5l以上の大きめな圧力鍋に全部入れる。

ブーケガルニを入れる。

トマト缶を開けて鍋に入れる。

創味の京風だしを100ml 鍋に入れる。

水1200mlを注いだら火を点けて強火で煮立つまで蓋をあけておく。

煮立って来たら浮いた泡状のアクをすくって捨てる(1分以内に取れるだけで良い)

大まかにアクを取ったら蓋を閉めて中火にし、圧力鍋の蒸気が出始めてから5分加熱し火を止める。(蒸気が強ければ弱火に弱すぎれば少し火を強めて調節しながら)

圧が下がって蓋が開けられるようになるまで待つ(10分程度)

圧が下がったら蓋を開け、残しておいた水菜の青葉部分を入れて一煮立ちさせたら出来上がり。

皿に盛ってお好みでエキストラバージンオリーブオイルを垂らして完成!
ポイント

大雑把に鍋にぶっこんで圧力鍋で煮るだけだが、鶏肉をさっと水洗いしてぬめりと臭みをとっておくこと、煮立ったらさっとアク取りする事で嫌な臭みやエグミを出さないようにする。

菜っ葉の青葉は煮過ぎると色も悪くなるしドロドロになるので最後に入れて一煮立ちさせるだけで充分。

みんなの投稿 (1)
ベースは鰹と昆布の合わせだしと言う和風の味付けにトマト缶や豆類、鶏肉を合わせる和洋折衷闇鍋的な具沢山スープ。
25〜30分で出来る簡単スープ。
レシピ材料にこだわらず適当にアレンジして貰えればバリエーションは広がると思いますよ。創味の京風ダシは鰹のイノシン酸、昆布のグルタミン酸の旨味が濃く、そこに鶏肉のグルタミン酸やキノコ類のグアニル酸、トマトや豆類の各種アミノ酸が重なって「旨味」のパラダイス的なスープが仕上がる!
香り付けはブーケガルニを選んだがお好みで他のスパイス類を使えば飽きが来ない。余ったらカレー粉を入れて旨味カレーに変身させる事も出来る。
もぐもぐ! (11)