• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
  • 2017/02/12
  • 101

1分茹でたら、放ったらかし。鶏胸肉のゆで鶏♪

レシピ
作り方
1
鶏胸肉がしっかり浸るだけのお湯を沸かし、沸騰したら胸肉を入れる。
2
再沸騰したら、アクを取り1分茹でる。この時、私はちょっと心配なのでお肉の上下をひっくり返しますが、多分ひっくり返さなくても大丈夫(笑)
3
蓋をして30分放置!
4
省エネ!余熱て火が通るのでジューシーなゆで鶏になります!余熱の具合で、薄ピンクっぽくお肉が見える時があったり、汁が薄ピンクだったりしますが、生肉の時の濃いピンクでなく、肉の繊維がしっかりしてれば大丈夫です。
5
タレに漬けておいて、タレだけとろみ付けて丼にしてみたり。漬けダレはお好みで♡私はチャーシューや卵を漬けるタレを参考にしてます。
6
これはこの前のお弁当。漬けダレに漬けただけのお肉をおかずに。
7
厚めに切ってフライにすれば、チキンカツ!肉には火が通ってるので、衣が色付けばオッケー!
8
フライドチキンの時にもこの方法で下準備してからでもできます。チキンカツどうよう、揚げ時間はめっちゃ短縮できます。ただ、形は平らになるので、私はあまり好みません…(なので、この写真の時は唐揚げの時の下ごしらえ方法でマヨ+塩麹だった気がする…けど。でもできます。)
みんなの投稿 (1)
私がいつもやってる胸肉の下準備です(o^^o)
この方法のおおもとは、下に貼り付けたテレビで見たゆで鶏の作り方です。
結局、肉自体に味はつけなくていろんなものに使えたほうがいいなと思って、今はこの方法になりました(^^)
似たような、もしかしたら同じレシピがあるかもしれませんが、私のこの方法はテレビを見て改良したものですので…真似っこボタンは押してません。あしからず(*^^*)

後からの味つけでどんな風にもできる簡単下準備方法です。
とりあえず茹でといて、ジップロックに入れて冷蔵庫に置いておくと2日くらいは使えて便利です。
低温調理になるので、基本、長くは保存できないと思ってます。
茹でたお湯もスープになるので、捨てずに使ってください♡←味は足りないのでダシや調味料で好みにしてくださいね!
#温めて食べる「冬の定番」お役立ち常備菜ネタ