• お気に入り
  • 78もぐもぐ!
  • 1リスナップ
  • 2021/04/06
  • 915

三河武士 純米吟醸  R2BY 愛知県岡崎市 丸石醸造株式会社

みんなの投稿 (1)
Japanese Sake "Mikawa-Bushi"
jummai-ginjo shu

jummai: pure-rice sake (i.e. without added alcohol or sugar)
ginjo: made from higly polished rice using special technic

2020/12/18 開栓
年末年始に飲んだ日本酒のひとつ。この時期はたまたまなのか、あるいは逃避だったのか、いつも以上に酒を呑んでいた。

三河武士。
地元愛知の酒だがはじめて聞く銘柄。いただきもので、どのような素性かも分からない。
タイトルからは無骨で、よくも悪くも面倒くさそうな酒を想像する。旨味が豊かで、だが肴によってはこじれてしまいそうな。

酢豚、トンポウロウ、春巻きなど中華のつまみでいただいた。
栓を切るとイメージとは多少ちがう爽やかな香り。舐めてみると、甘み、旨み、酸、すべてのバランスが良い。一定のまとまりがある。少なくとも、お行儀の悪い酒ではない。

かといってまとまって飲みやすいだけの無個性ではない。酸味がハッキリ主張する。果物のような華やかな酸味ではなく、もっと落ち着いた大人の酸。たとえば柴漬け、古漬け。刺々しくはない。じっくりと旨みをのせて味わえる。地味、あるいは滋味。ボディは甘みにも苦味にも偏らず、静かに芯がある。

旨い。たしかに、派手なところはないが、しっかりと旨い。これだけの酒が地元にあることを喜びたくなるような一本だった。あまり知られていないのが惜しくもなった。

#日本酒 #三河武士 #愛知の料理
もぐもぐ! (78)
リスナップ (1)