• お気に入り
  • 101もぐもぐ!
  • 1リスナップ
手料理
  • 2020/11/10
  • 1,144

挟んで焼くだけ🔥栃尾の油揚げ🦊

レシピ
材料・調味料
栃尾の油揚げ
1枚
味噌
適量
しょうが
ひとかけ
輪切り唐辛子
適量
砂糖
なし〜小1
作り方
1
味噌ソースをサンドイッチできるよう、油揚げを薄くスライスする。
2
しょうがはすりおろす。味噌、輪切り唐辛子、砂糖と混ぜて、油揚げの内側に塗って挟む。ひと口大に切る。
3
オーブン、トースター、グリルなどで焼く。私の場合はヘルシオのウォーターグリルで予熱なし15分。たぶんですが、トースターがいちばん早く、カリっと焼けると思います。
ポイント

間に挟むものはなんでもよい。今回は味噌とうがらしソースだったが、好きな人は納豆だったり、ネギ味噌だったり。あるいは肉味噌だったり。
栃尾の油揚げが手に入らない場合は、通常の油揚げのできるだけ大判のものを二枚買って挟みます。これはこれでおいしい。油揚げの挟み焼きですね。

みんなの投稿 (1)
Fried Tofu "TOCHIO" with Spicy Miso Sauce

「栃尾の油揚げ」新潟県長岡市の栃尾地区で伝統的に作られているもので、特徴はなんと言ってもその大きさ、分厚さである。
手元のもので厚さは2センチを越えるくらい、大きさは長辺が20センチ近くはあるだろうか。こう書くと、ああ、厚揚げね。と早とちりされる方もいるだろう。そうではない、中はスポンジ状の油揚げなのである。巨大な油揚げ、お稲荷さんのお使いも大喜び。

はじめて食べたのはもう随分昔のことになる。新潟駅前の居酒屋で、適当に頼んだつまみの中にこれがあった。納豆やら、味噌やら、ネギやら何やらからひとつ選んで焼いてくれるという。
私はたしか、なんとか南蛮という、越後の地野菜を刻み入れた味噌を頼んだはずだ。若い唐辛子の類だろう、パプリカなどにも通じる芳香と、ハラペーニョほどの、ほどよい辛味。
これがあまりにおいしく、油揚げは並のものしかないけれど、自宅で作ろうとこの「なんとか南蛮みそ」のビン詰めを買って帰った。

その、栃尾の油揚げがなぜか地元のスーパーにあるのである。新潟とはなんの縁も(たぶん)なさそうな地なのに…
というわけで、かつて居酒屋で食べた味を思い出しながら焼いてみた。なんとか南蛮の味噌はとうに使い果たしているが、ふつうの味噌(タニタの減塩味噌である)に唐辛子を入れて、すこし辛味のついた味噌ソースとした。

#再現料理 #簡単料理 #節約料理
#おつまみ #油揚げ #栃尾の油揚げ #新潟の料理
もぐもぐ! (101)
リスナップ (1)