• お気に入り
  • 125もぐもぐ!
  • 1リスナップ
手料理
  • 2021/05/04
  • 1,086

マルコメ「大豆のお肉」となす、ピーマンの豆豉炒め🍆🫑

レシピ
材料・調味料
マルコメ ダイズラボ 中華に合う大豆のお
1袋
なす
3本
きのこ
数種を適量
その他野菜
適量
にんにく
ひとかけ
しょうが
ひとかけ
豆豉
大1〜2
A
ガラスープのもと
小1
紹興酒
大1
醤油
大1
オイスターソース
大1
作り方
1
Aをボウルに混ぜておく。
にんにくは潰すかスライス。生姜もスライス。
野菜とキノコは食べやすい大きさに切る。基本はメインとなる「大豆のお肉」にあわせた厚みに。
2
中華鍋にごま油(分量外)を軽くたまる程度、生姜とにんにくを入れ弱火で温める。香りが立ったら豆豉のうち数粒を入れる。
3
強火にしてキノコを炒める。キノコ類に十分火が通ったらナス、火の通りにくい野菜、通りやすい野菜の順で炒める。
4
野菜がしんなりしたら、「大豆のお肉」と残りの豆豉を入れ、そのまま1分程度炒める。
Aを回し入れてざっと混ぜ、アルコールを飛ばしたらできあがり。
ポイント

豆豉は焦げやすいので、最初(にんにくを入れる段階)では入れない。
写真の大豆のお肉は、けっこうしっかりお味があるので、もう少し調味料控えてもよいかもしれません。
豆豉の量はお好みで。私は豆の形のままのものを使っています。丁寧にやるなら刻んで使う。
今回野菜は、舞茸、キクラゲ、カリフラワー、ピーマン、パプリカを使用しました。

みんなの投稿 (1)
Soy Meat and Veggies Stir-Fry with Black Bean Sauce

先日に引き続き、「ギルトフリー料理を楽しもう♪」イベントでいただいた「大豆のお肉」を使った料理。今回は中華の炒め物にしました。

原型は鶏肉と茄子の豆豉炒め。普段は鶏肉、できれば歯応えと旨味のある地鶏や親鶏を使うのだが、「大豆のお肉」で代替してみようということ。
豆豉のコクと大豆ミートはきっと相性がよいはず…

準備はおおよそいつも通り。油はちょっと控えめにし、大豆のお肉にあわせて普段より薄めに茄子を切った。
鶏肉を使わない分、少しだけガラスープのもとを加える。
手間は肉を使うよりも楽なくらいか。
さてお味は…

おいしい‼️ 前回のトマト煮にしてもだが、肉の置き換え品ではなくきちんと料理として成り立っている。中華の炒め物のなかで、鶏肉ではなく、「大豆のお肉」炒めはこういうメニューだ! と主張できる味。調味料の味に埋もれずしっかりと存在している。
歯応えも思ったよりしっかりとある。もちろん鶏肉に比べたら柔らかいのだが、大豆で作った…で想像するような柔らかさや脆さではない。厚切りにしたハムくらいか、少なくともかまぼこなど魚の練り物よりしっかりとした歯応えがある。
想像した通り、豆豉との相性もよい。これならリピしたいと思える味でした。ごちそうさまでした。

#晩ご飯 #炒め物 #豆豉 #ナス #大豆のお肉 #中華料理
もぐもぐ! (125)
リスナップ (1)