• お気に入り
  • 127もぐもぐ!
  • 16リスナップ
手料理
  • 2014/11/26
  • 1,576

南知多名物_大あさり焼き

レシピ
作り方
1
◼︎ 作り方
・貝殻の口から蝶番に包丁を入れて貝を開く。
・貝殻に沿って貝剥き(Tナイフ)を入れて貝柱を外し、砂がないか確認し、有れば、水洗いする。
・ガスコンロの焼き網に貝を拡げて置き、酒水=1:1を注ぎ、強火で加熱する。
・沸くまえに煮汁が不足すればたす!
・沸いたら、醤油をさし、ネギを盛って再度沸いたら完成です。
2
◼︎ 漁師風
卵の素を作り、ネギの小口切りと和え、焼けた大あさりに乗せて上火で少し焼きます。

これぐらいするのが、料理ですねw
ポイント

一味、七味などお好みで。

漁師はマヨネーズかけてコクを補います。これが結構いけます。笑

みんなの投稿 (8)
正式名称「ウチムラサキガイ」です。一年中、色味に大きな変化がなく、手軽に楽しめます。
口から切り開いて料理するのが珍しい貝でもあります。
うひょ!
美味そうですね(^^)
hisoka7 から kamekame
醤油の香り、貝の焼ける香り、引き寄せられます。笑
厳ついのに、マヨラー多いです。笑
ちょっとちょっと!これはなにー!?貝族にはたまらんショットですよー😍
あんなに取れる大あさり!
もっと京都にも出回ってほしいです。
あぁ〜 磯の香りが食べたい 笑
hisoka7 から 咲きちゃん
これは、大アサリと呼ぶ、ウチムラサキガイです。南知多、渥美半島の名物料理です。
hisoka7 から tachi
金曜、渥美の友人は350kg掘っていました。今は安くて、1kg400円切れています。産地での卸売なら1kgで大なら5〜6個、中なら8〜10個なのに、1個500円で売ってるとのコメントでビックリしました。それは無いですよね。
もぐもぐ! (127)
リスナップ (16)