• お気に入り
  • 1もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/03/18
  • 172

♡ひな祭りデコロール寿司♡

レシピ
作り方
1
~お知らせ~【ライトブルー桜】3月25、26日、4月2日開催!”ライトブルー桜”は、世界自閉症啓発デーに行われるライトアップイベント“Light it up blue”に賛同し、ペコリ内でのお料理を介したライトアップを呼びかけるイベントです。“料理”という共通の関心事を持つ私たち。このイベントを通じ、発達障害に馴染みのない方、当事者やご家族の方が、料理を通じて交流し、互いの理解を少しでも深められたら…。ぜひ、ご参加ください!参加要項等、詳細は、2月28日のブルー卵の投稿で。
2
ごはんに、桜でんぶ、菜の花のみじん切りを混ぜて、二色のごはんを作る。巻き簀の上に、海苔をおき、ラップを敷いて、ごはんを海苔の大きさに広げる。ごはんの量は、250gが目安。今回は、ピンクをひし形にし、その周りを緑にしました。まっすぐなライン出しは、酢飯をスケッパーやフライ返しなどを使って、整えると楽チン♪うちの子供達は菜の花食べるけど、菜の花は苦いので、アスパラ菜や青海苔混ぜた方が食べやすいと思います♡食べる人と食材のご都合で♪
3
ごはんの上に海苔を乗せ、具を海苔の下半分に並べる。巻き簀の手前をを持ち上げ、具の向こう側につくように一気に巻き、数分置いてなじませてから、ラップを外す。
4
飾りは、かまぼこ、桃の花、別投稿のタンポポ沢庵、桜はんぺん。沢庵タンポポは、沢庵を丸型で抜いて格子状に切ったもの、桜はんぺんは、はんぺんを桜型で抜いて、食紅等を溶いた水にくぐらせて色付け♡
5
こちらは、娘のおすすめおにぎり♡こうやって、真ん中にお雛様のかまぼこおいて、あの(ぼんぼりの)おにぎり作ったら〜?というので、作りました♪まだ小さいのに、アイディア出して、さすが我が娘!←親バカ(笑)でも、作ったのを見て、一言、可愛くない!とバッサリ。ハムのお花が大きくてNGだったみたい。毒舌も親譲り。
6
これまでひな祭りは、両家のおじいちゃんおばあちゃんを招いてお祝いすることが多かったけど、今年は、保育園行事で来てもらったばかりだったりするので、普段通り⁈実家での晩ご飯。父は祖母のところへ行っていて不在、朝は子供達は、母に着物を着せてもらいました♡実家でのひな祭りご飯の恒例は、押し寿司。サヤエンドウ、エビ、錦糸卵をお弁当に入れ、ちらし寿司を詰めて押して、ひっくり返して、カットすれば出来上がり!
7
甥っ子が器を並べてビュッフェ台を作成♪子供達は、何を食べようかなー?とお皿を持っては、好きなものを取りに行きました♡この写真、よくよく見ると、娘のお皿の上はピンクのものだけ…(笑)甥っ子は、沢庵好きとのことで、沢庵タンポポおにぎりを喜んでたので、バッチリな組み合わせだったかな⁈
みんなの投稿 (1)
ひな祭りの日は、母から太巻き担当に任命。
趣味料理自粛中ながら、イベント好きの血が騒ぎ、どうせ巻くならとついついデコロール、手まり寿司、沢庵タンポポ、桜おにぎりなど、作ってしまいました♪

夜は、甥っ子と子供達、母でプチひな祭りパーティー♡
いつものご飯なのに、相当楽しかったらしく、美味しいねー!ひな祭りパーティー最高!と言いながら、ご機嫌&ハイテンションで食べてくれました♪
喜んでもらえて良かったな…。
やっぱり、食べてくれる人に喜んでもらえるのが一番の幸せ。。

娘もだいぶ成長して、5歳。
毎年重ねてきたひな祭り。
この先も楽しみだし、そのうち、お嫁に行って、娘のいないひな祭りが来たり、孫と一緒に祝うひな祭りが来たりしたらいいな…。

#お花見に持っていきたい♪みんなで食べたいお料理ネタ
もぐもぐ! (1)