• お気に入り
  • 1もぐもぐ!
  • リスナップ
  • 2015/01/14
  • 60

あさイチ特集で「ジューシー餃子」

レシピ
作り方
1
火をつけて餃子がくっつかない程度に、少し離して並べる。
2
並べたらすぐ、餃子の高さの半分くらいの熱湯を加えて蓋をし、蒸し焼きにする
3
4分間たったら、ふたを外し、残った湯を捨てる。餃子が滑る場合は、蓋などでおさえる。
4
餃子の上から油を回しかけて、カリッと焼き上げる。
5
フライパンを揺すって、餃子が動くようになったら焼き上がり
みんなの投稿 (1)
NHK「あさイチ」の餃子特集を見たので、
作ってみました(*^.^*)
ポイント押さえると、おいしい♡


☆あん作り

ジューシーなあん作りには「塩」

肉に塩を入れてよく練ると、たんぱく質のアクトミオシンが溶け出し、それぞれくっついて網目構造を作る。

この網目構造の中に、肉や野菜から出る水分が閉じ込められることによって、ジューシーさが保たれる。

ほどよく脂があってジューシーを出しやすい粗めの豚バラ肉。これに塩を加え、白っぽくなって粘りが出るまでこねます。

野菜を入れる前に調味料はすべて入れておくのがポイント。

野菜を入れたら、水分が出ないようにさっくりとやさしくこねる。



☆パリッと焼くには

底がパリッとしていて皮はモチモチ、そんな憧れの仕上がりを実現してくれる黄金の法則は「生の皮から熱湯で蒸し焼きにすること」。

ギョーザを並べて火をつけたら、すぐに熱湯を加えてゆでるように蒸し(4分ほどしたら、余った水分を捨てる)パリッとした焼き目は最後につけるという方法です。

なぜ熱湯を入れるといいかといえば、高温の水蒸気で蒸し焼きにできるから。餃子が水につかる時間を減らすことで、べチャッとなるのを防ぐ効果もあるのだとか。この焼き方は冷凍の焼き餃子でも同じだそうです。


☆カリッ&モチモチに仕上げる焼き方の
(フッ素加工フライパン)
コツを覚書しておきます
#お肉
もぐもぐ! (1)