• お気に入り
  • 3もぐもぐ!
  • リスナップ
  • 2014/03/03
  • 465

豆腐ハンバーグ

レシピ
材料・調味料 (2 人分)
挽肉
トレー1個
絹ごし
1個
1個
玉ねぎ
半分
いんげん
じゃがいも
作り方
1
豆腐の水を切ります。
時間がちょっとかかるので私の場合一番先にやっておきます。
豆腐をキッチンペーパーで包み、上からまな板などで重しをしましょう。
これが結構重要で、忘れるとハンバーグというか肉の味がするふわふわの何かが出来上がります。
2
いんげんの頭とお尻を切り落とします。
鍋に水を張って塩を入れて、沸騰したらいんげんを入れます。
沸騰するまでは玉ねぎをみじん切りしましょう。
なるべく細かくがベストです。
豆腐ハンバーグは普通のハンバーグに比べると断然強度が低いので、玉ねぎが大きいとひっくり返す時真っ二つになります。
終わったら、大きめのボールに挽肉と一緒に入れちゃいます。
3
いんげんを湯通しします。
塩入れて沸騰させて色が鮮やかになったらザルに上げて水に晒します。
茹ですぎると茶ばむ。
4
いんげんをお湯に入れた色が鮮やかになるまで見守ります。
いい色になったらザルに上げて水に晒します。
あまり茹でると茶ばむので注意。
炒めるので半分に切りそろえます。
5
じゃがいもを切ります。
今回は細長くしましたが、切り方はお好みでどうぞ。
日が通りゃええねんて。
6
フライパンにバターを入れて暖めます。
溶けたらいんげんとじゃがいもを投入します。
火が通ったら黒胡椒で味をつけます。
いんげんは炒めずマヨネーズでも美味しい。
皿に乗せて付け合わせは完成です。
7
玉ねぎと挽肉が入ったボールに卵を割ります。
水切りしてあった豆腐も入れて混ぜましょう。
素手でコネると大変なのでビニール手袋がない人はちょっと面倒でも道具を使いましょう。
油でこれから手にする物が全てぬらぬらになります。
8
よく混ざったら、ハンバーグの形を作ります。
私は手が汚れるのが嫌なのでフライ返しなどで適量を取り、ラップを使って作ってます。
前述の通り豆腐ハンバーグは柔らかいので、大きさはあまり欲張らずフライ返しの大きさくらいにしておいた方がいいです。
真っ二つになります。
ハート形など凝った形にしたい場合は、豆腐の量を減らしたり卵を増やしたりする必要があると思います。
型がある人は使いましょう。
9
フライパンに油を引いて焼いていきます。
何度も言いますが柔らかいので片面しっかり焼けたらひっくり返しましょう。
楕円形の横から、フライパンの淵に寄せてひっくり返すと形が崩れにくいです。
あまりアクロバティックな方法だと四散します。
10
ソースはお好みで作って下さい。
今回はおろしポン酢の予定でしたが、ルームメイトにポン酢を捨てられていたのだ敢え無くケチャップで食べました。
みんなの投稿 (0)
まだ質問やメッセージはありません。
もぐもぐ! (3)