• お気に入り
  • 182もぐもぐ!
  • 27リスナップ
手料理
  • 2022/10/02
  • 2,068

フィッシュ&チップス🇬🇧

みんなの投稿 (15)
Niki’s Kitchenのアイバン先生の宅配レッスンより。

魚は真鱈
ポテトとレモンは香川県産
ムッシーピーズのグリーンピースは乾燥のを買ってなかったので冷凍を探したが近所では見つからず、成城石井にあったイタリア製の缶詰使用。99円!やけに安かった。

おうちで旅行気分。
タルタルソースは日本のとはだいぶ違うのね。
おごちそうさま🙏

#フィッシュアンドチップス #イギリス料理 #真鱈 #香川県
とっても美味しそうですね😍😍😍
かおる から KAORUNSHEEP
かおるんさん、こんばんは🌝
ありがとうございます!
イカ好きなので、今度はイカ🦑で試してみたいです😊
かおるさんこんにちは🌤
おぉ〜!いい色でとっても美味しそう😋
香川とイギリスの素敵なcollaboration🕺
アイバン先生のインスタでポークパイの断面見てしまった🤤たまりませーん。美味しそうなお写真がいっぱいでした
私も後ほどビリヤニアップするので食べ友させてね☺️
おうちで🇬🇧気分、いいなぁ♪
目を閉じればテムズ川、かしら🥰

彼の国では、色々値上がりの影響で、フィッシュ&チップスのお店が次々潰れるのでは、というニュースが😱

とっても美味しそう〜🤤
かおる から 🟠まる
まるさん、こんばんは🌝

ありがとうございます!

友達とベイクオフ見てたらポークパイがお題になってて、やたら美味そうやのぅと思ってたら、ピロンとアイバン先生のレッスンの案内が入ってきたので凄すぎるタイミングにびびって即申し込んだよ。

ポークパイはとてもおいしいかったけど、私にはハードルが高い…。そのうち作りたいと思います😊
かおる から izoom
izoomさん、こんばんは🌝

イギリス行ったことないのです😅
フィッシュ&チップスは東京のパブで食べたことがあるだけ。(しかもビールちょこっとしか飲めない…)

値上げの波がフィッシュ&チップス屋さんにもきてるのですね😢家庭でも大変なのに、お店はつらいよね。

来てくださってありがとうございます🙋🏻‍♀️
世界一料理の不味い国の世界一有名な料理ですね。それでいて食べ出すと辞められない…(笑) 元々味付けしないのがイギリス流。だから各自好みで好きな味付けをして食べるのもイギリス流。色々なスパイスやソースがあるのはそれが理由のようですよ。私はイギリス人の王道である大好きなLea&Perrinsの“ウスターソース”で食べちゃいます。
かおる から Saudade
こんばんは🌝

イギリスに行ったことがないのでどれだけ不味いのか分かりませんが、これとポークパイは美味しかったです😊

セルフ調味、うちのおばあちゃん方式と同じです👵🏻🤣

recipeに書いてあったモルトビネガーってのを買ってみましたが、こちらは私の口には合いませんでした。
Lea & Perkins!冷蔵庫にあるわ。次はこれかけてみるね。

来てくれてありがとうございました🙋🏻‍♀️
Saudade から かおる
いえいえ、イギリス料理が不味いと言うのは一般論ですよ。そして当のイギリス人が”我々の食事は不味くてアメリカ料理にも劣る…“って自虐ネタにするのですよ。料理に関してはこのFish&Chipsに限らず、ローストビーフ、スコッチエッグなど世界的に有名なものが多いですよ。又、スコーン、マフィン、日本の食パンの原型になったパン・ローフのトーストなどはイギリス発祥のブレッド類で、フランスに次いで種類が多いですよね。但し基本的に“味付けは各自の好きなように”が原則の為、肉料理や魚料理に軽い塩胡椒を施す程度のようで、味気がないのが確かですよ。だからウスターソースやケチャップ、タルタルソースやマスタードの技術が発展したと聞いた事があります。一家庭のテーブルには必ず10種類近くのソースや塩胡椒が置かれているようです。又、イギリス人は旧従属国(植民地)の料理が自国の料理以上に美味しかった為、中国人やインド人のコックさんが国内に沢山いるようです。ですので麻婆豆腐やカレー(或いはダルマサラ)やタンドリーチキンを“我が国の料理”と思っているイギリス人も多いですね。ロンドンにはテムズ川のウナギをぶつ切りにして茹でての煮凝り(ゼラチン)で固めた“Jellied Eel”と言う料理があるのをご存知ですか?イギリス人はバルサミコ酢をかけて食べるようですが、蒲焼きが定番の日本人にはかなり生臭い料理のようですよ。
かおる から Saudade
おつかれさま🌝

アメリカも地域によって絶望的なとこあるもんね。
ローストビーフもスコッチエッグも大好きです😊

家庭のテーブルの様子、まさに祖母の家の食卓と同じです!笑
雑な人でしたが、そのおかげで子供とはいえ素材の味に対して何が必要か気づけたのかも。

ウナギの料理の話、以前イギリス人と仕事した時に聞きました。ぶつ切りに衝撃を受けて骨は歯茎に突き刺さったりしないのか?とか、ヌメヌメは?とか、どう考えても美味しくなさそうなので、鰻屋さんにお連れしたら喜んでた気がします。でもその時、一番喜んでいたのは私かもしれません😅
アメリカの料理は“不味い”と言うよりも“健康に良くない…”ものがあるような気がしますよね。ハンバーガーやフレンチフライ(これもいぎりすのチップスですけど…)、そしてコーラなどサイダー類。何故かいわゆる“ジャンクフード=アメリカ料理”というイメージが強いです。でも地域ごとに見れば本当に魅力ある料理にも出会えますよ。東海岸北部に行けば、ニューヨークとボストンで違った味のクラムチャウダーが美味しいですし、南部にはザリガニやお米、大豆などを煮込んだケイジャン料理。そしてカリフォルニアの南部やテキサスにはメキシコにインスパイアされた料理(タコスやブリトー)なども美味しいですよね。但しアメリカのタコスやブリトーはメキシコの物とは少し違ってジャンクフードの一種になりますが…
かおる から Saudade
南部料理は好みです😊
東海岸はNYしか行ったことないので、美味しいお店に出会えてなかったのか、残念ながら美味しいクラムチャウダーを食べたことがありません。

ともかく、量がすごいですよね💦あんなに食べてたら身体に不具合が…。
でも、人って慣れるみたいで、長年駐在してた友人は日本に帰ってくるとお店の料理のポーションの小ささに少なすぎる💢と腹が立つようになってる自分にショックを受けてました💧(身体も大きくなってた)
ここにイギリス料理について面白い説明がされていましたよ。不味い料理も栄誉あるイギリス紳士の伝統のようですね。
https://youtu.be/rbvT1fyUOis
かおる から Saudade
ありがとうございます!
面白かったです😊
ジェントルマン…。
もぐもぐ! (182)
リスナップ (27)