• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/07/07
  • 309

簡単可愛くオブラートアートロールパン

レシピ
材料・調味料
強力粉
300g
ドライイースト(耐糖性)
4g
メープルシュガー
15g
三温糖
15g
蜂蜜
15g
4g
1個
牛乳
卵とあわせて205g
無塩バター
40g
ブラックココア
4g
10ml
オブラート
2枚
ブラックココア
適量
作り方
1
☆材料を20分ほど捏ねて生地がまとまったらバターを混ぜ捏ねる。3分の1ほど生地をわけてブラックココアと水を合わせたペーストを混ぜ込んでしっかり捏ねる。
2
一次発酵 常温で2倍まで発酵させる。フィンガーテスト 指に粉をつけて生地を刺して穴が戻らなければ完了。
3
ガス抜き→15分割+小さいのはキャラ用で作成。ベンチタイム15分乾燥防止のビニールをかぶせてます。
4
成形 くるみ、チョコチップ(分量外)はお好みで使用。しずく型にしてベンチ→伸ばす→クルクル巻いて巻き終わりをとじる。
5
二時発酵 1.5倍 塗り卵(分量外)をしてオブラートアートを貼り付ける。
6
オーブン180度15分焼成途中 天板ターン焼き上がり天板をトントンして腰折れ防止。
7
小さい生地を耳にしてキャラ作れます♪
8
こちらはブラックココア生地と2色合わせたロールパン
9
だんめんずくるみやチョコチップが巻き込んであります。
10
パン焼きは暑いから水分補給してくださいね。ぐで〜。
みんなの投稿 (1)
今回はロールパンに簡単なオブラートアートしました(*≧艸≦)

顔があるだけでも可愛いです♡

今は暑い季節なのでチョコレートでデコすると溶けてしまうのでオブラートアートなら柄がしっかり定着しているのでプレゼントに最適です♪

今回はメープルシュガーを使用していますが
砂糖オンリーでも美味しいパンです。
キャラメルシュガーもOKです。ただ糖分が多いレシピなのでイーストは
金サフ 耐糖性を使用してください。
赤サフしかない場合はイーストを4.5gか5gにしても良いかもしれません。
ただイーストの臭みが気になるかも
あまりオススメしません。

ニップンやカメリアのイーストはそのままでも結構発酵しました。←過去に使用。

耐糖性というイーストはその字のごとく
砂糖が多くてもイーストの活性が弱くならないんです。
油脂が多くてもイーストをコーティングしてしまい発酵が弱まる場合があります。

ブリオッシュなどの油脂が多いレシピもイーストを増やしたりします。

ただイーストや酵母が多すぎて過発酵しすぎると酸味が出て2次発酵の際に力尽きた
なんてことがあるのでその場合はピザにしたりブッダークーヘンにしたり
酸味のある生地はピザにとても合いますよ。

ブッダークーヘンは発酵菓子です。
過去の投稿にレシピあります。

酵母やイーストの分量を適正に使用するのが美味しいパンが焼けるポイントです😊

ブラックココアは製菓用品店で購入できますが純ココアでも大丈夫です♪
もちろんプレーンだけでも大丈夫です。
お好みで♪

今回は仕込みの量が多いので減らす場合は半分量か又は昔投稿したリッチバターロールの記事には200gの粉を使用したレシピが載っています。

フワフワなパンなので焼き上がりはしっかり天板にショックを与えてパンの中の蒸気抜きします。
これをしないと釜伸びした部分のホワイトラインが腰折れしてクシャっとした部分が出来ます。

フワフワなパン 型入れのパンは必ず行う作業となります。

腰折れ、ケービング、ケーブインなどと表現されます。これは形の悪いパンに仕上がり部分的にパンが硬くなります。

オブラートアートですがフリーハンドでなく
クリアファイルに下絵を入れてそれをなぞれば簡単です♪

ただオブラートがくっつきやすいので充分乾燥させて優しく剥がしてくださいね。

#自慢の絶品手作りパンレシピネタ