• お気に入り
  • 43もぐもぐ!
  • 4リスナップ
手料理
  • 2017/06/19
  • 5,329

独活と苺のぬた、木の芽(アケビの新芽)の巣籠もり。 #山菜

参考にしたレシピ
みんなの投稿 (1)
5月分のですが…写真溜まってまして(・・;)
最近お礼伺いも全然ですいません。元々したりしなかったりと、まちまちですが(^o^;)

一昨年は6月でもウド料理作っているんですけどね、去年と今年は5月で終わりました。
やはり降雪量の少ない年は、出回り時期が少し早まるのですね。
木の芽(アケビの蔓・新芽)も、6月はもう見ないです。
今でも入手出来る山菜は、ワラビ・フキ・ミズ…くらいですかね?
イチゴは6月でもまだまだ売っています。


イチゴとウドの組み合わせは去年ハマりましたが、さすがに辛子酢味噌は初めて。
これが意外に合うんですねえ。ちょっとびっくり( ゚д゚)

まちまちこさんの真似をして、レシピのシイタケを麸に変更。
これは普通の安い小町麩ですがw
それでもクニクニした食感が面白かったです。


アケビの新芽を食べる地域は、全国的に見ると少ないみたいですね。
なので新潟の郷土料理という事で。

たいしてクセもなく、サッと茹でて水に晒すだけで食べられる、楽チン山菜なんですけど。
小学生の頃でも食べられた、数少ない山菜です。
あとはせいぜいコゴミくらい。苦くないからw
これはウズラの卵と出汁醤油で。ほのかな苦味と歯応えが美味しい。

そもそも木の芽は、結構採取難易度の高い山菜らしくて。
ウチの父でもちょっとしか採れないし、買うといいお値段するし。
しかも何故かウズラの卵がどこも売り切れていて、4軒目のスーパーでようやくゲットした頃には全部家族に食べられていて、買い直したというw
でも、食べないとやっぱり寂しいんだなあ…
もぐもぐ! (43)
リスナップ (4)