• お気に入り
  • 57もぐもぐ!
  • 6リスナップ
手料理
  • 2016/01/29
  • 2,824

漬け物が中途半端に余ったらコレ!『 干煸四季豆』~北京で習ったレシピ~お酒もごはんも止まらなくなる~(≧∀≦)

レシピ
材料・調味料
インゲン(四季豆)
200g
ニンニク微塵切り(お好みで)
2片分
唐辛子(好きなだけ)
豚挽き肉
100g位
お醤油又はオイスターソース
小さじ2
鶏ガラスープ
100cc
甜麺醤
小さじ1
お漬物の微塵切り
50gくらい
胡麻油(サラダ油)
作り方
1
インゲンを洗って両端を切り落として水分を拭いて、サラダ油で素揚げする。
2
インゲンを取り出して、揚げ油を捨て、みじん切りにしたニンニクと、唐辛子、豚挽き肉を炒める。
3
挽き肉の色が変わり始めたら、鶏ガラスープ、甜麺醤、お漬け物の微塵切りを加えてさらに炒める。
4
挽き肉に大体火が通ったらインゲンを加えて、挽き肉に火が通るまで炒める。
5
火を止める直前にお醤油を回し入れて出来上がり。
ポイント

インゲンは、切れば切るほどに風味が落ちるので、なるべく切らないのが美味しく作るポイントです。

インゲンの代わりにピーマン等、他の野菜でもOKです。

お漬け物は、今回は高菜を使いましたが、糠に漬かりすぎたきゅうりや、ザーサイ、スグキ…等々でもOKです。
北京で教わってきたのは、冬菜という白菜の塩っ辛いお漬け物でした。
ザーサイ、高菜が味的に近いと思います。

みんなの投稿 (2)
ちびめがちゃん!
シソキムチに続く、またまた美味しいお惣菜を
ハケーーーーン!
ちびめが から 志野
見た目以上に美味しいですので是非にヽ(゚Д゚)ノ
もぐもぐ! (57)
リスナップ (6)