• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
  • 2014/12/04
  • 93

サクッ、しっとり♪私好みのマカロン完成。

レシピ
材料・調味料
卵白
30g
アーモンドプードル
35g
粉糖
65g
グラニュー糖
5g
食紅
適量
ティースプーン2
作り方
1
アーモンドプードルと粉糖を振るいにかけます。ふわふわな粉になる様に3回振るいにかけます。オーブンを210℃に設定して入れておきます。鉄板に円を書いた紙(焼く前に外します)クッキングペーパーを重ねておいておきます。
2
冷凍卵白を泡立てます。まずはツノが立ってきたなぁ〜と思うぐらいまでに泡立てます。慣れてきたら冷凍卵白ではなく普通の卵白で作れる様になりますが、最初は冷凍卵白の方が作りやすいです。塩をひとつまみ入れて泡立てても♪
3
メレンゲにグラニュー糖を4回に分けて投入します。グラニュー糖を入れる度にしっかりと泡立ててツノがピンとたつまで泡立てて下さい。食紅液はメレンゲがしっかりと出来上がってから投入して再度、しっかり泡立てて下さいね。
4
粉類を卵白へと入れます。ゴムヘラでさっくりと混ぜて下さい。ここではあくまでもさっくりと混ぜる事を頭に入れておいて下さいね。決して練らない様に。
5
ここで絞り袋を用意しておきます。金口を入れて飴紙を絞る様にしてコップやカップに絞り袋をかけて生地を入れやすい様にしておきます。
6
マカロナージュを開始します。私の場合ですが、「小」の字を書く様にゴムヘラをボウルの手前で擦り付け、それから時計回りにぐるっと底からすくい上げる様に泡を潰しながら回します。力加減が個々で違うので何回とは言えませんが、慣れてない人は生地に照りが出てきてすくい上げた際にボテボテと生地が落ちる所で一度止めてみます。
7
ここで小さくカットしたクッキングペーパーの上に生地を落としてワザとツノをつけておきます。そのツノが中々平らにならない場合はマカロナージュ不足なので再度マカロナージュします。2回程したらまたクッキングペーパーに生地を落として確認します。ツノがあるけどじんわり消えていくなぁと思ったら終了の合図です。生地がとろり〜と落ちていくのが理想ですが、私も含め初心者の方はその手前が理想です。イメージはドロ〜かな?
8
絞り袋に生地を入れて円形に合わせて絞り出します。その際にはクッキングペーパーの1cm程離れた所から絞り出します。これは私の感覚ですが、綺麗にマカロナージュされていると絞り出しが楽です。絞り出しをしていて詰まっている感覚があるとマカロナージュ不足です。抹茶やココアを使ったとしてもマカロナージュが足りているとすんなり絞り出される様に思います。絞った生地がデロッと広がりすぎる場合はマカロナージュし過ぎの場合も。円形より少しの広がりは大丈夫です。生地を自然乾燥させます。
9
大体この冬の時期なら30〜40分かけて乾燥させます。夏はまだ経験していないのでわかりませんが、指で触ってみて生地が手について来なければ乾燥終了です。オーブンを210℃に設定して入れておきます。鉄板に円を書いた紙(焼く前に外します)クッキングペーパーを重ねておいておきます。余熱として210℃に熱しておいたオーブンに鉄板を入れて200℃に下げて3分焼き、ピエが出たらオーブンを140℃に下げて12分焼いて出来上がりです。
10
我が家のオーブンは2段式なので上段で焼き上げますが、一段の方は鉄板を2枚にするか、鉄板とクッキングペーパーの間に紙を挟むなどして下火の熱を和らげて下さいね。ピエが出来上がると本当に嬉しいです♡あとはお好きなガナッシュやクリームを挟んで、1日は冷蔵、冷凍して休ませてから食べてみて下さい。サック、しっとりなマカロンの出来上がりです(///∇//)お試し下さいね♪
みんなの投稿 (1)
マカロンです。取り憑かれた様に作ってました。失敗、ちよっと成功、失敗を繰り返してました(><;)マカロンって材料は卵白、砂糖、アーモンドパウダーだけなのに…難しい。ピエがね、出るとおおっ(≧▽≦)って大騒ぎ。毎日3回作ってました。


最終的にようやく、本当にようやく好みのマカロンに♡長かった。


頼まれたクリスマスケーキの飾りに半分、あとは私と旦那様で頂きますv(^-^)v



マカロンレシピUPしました(///∇//)でもポイントとか全部は載せられなかったのでblogに細かくUPしますね♪ #おもてなし #おかし・デザート