• お気に入り
  • 81もぐもぐ!
  • 9リスナップ
手料理
  • 2018/01/30
  • 1,013

rick chanさんの料理 ナシの甘酒コンポート、金木犀シロップがけ。 ( Poached pear with osmanthus and sweet rice wine / 桂花酒醸煮梨 )

みんなの投稿 (4)
和梨・麹甘酒・クコ・棗・金木犀シロップ・上白糖とレモン汁ちょっと。

それぞれから出る、柔らかな甘味のハーモニーがとても美味しい。
素材の風味が活きた、ほっこり滋味深い味です。
自家製金木犀シロップがいいアクセントになりました。

※金木犀シロップ:桂花(ドライ)・上白糖・桂花陳酒 


今回はマルコメさんから頂いた糀甘酒を使わせて頂きました。ありがとうございます。
クドい甘さが無く飲みやすいので、大半をそのまま飲んでしまいました。

マルコメさんのものには少量の食塩が入っていますが、そもそも市販の桂花醤(糖桂花)は甘じょっぱいので問題無かろうと。

また、酒醸と麹甘酒・甘麹は厳密には別物ですが、まちまちこさんが甘酒で作られているので参考にしています。
中華料理の調味料等で使われる酒醸は、麹甘酒よりも低温で長時間発酵させて作るので、酸味があるそうです。


実は何回か作っているのですが、煮汁に浸かっていなかった部分が見事に変色したり、梨が大き過ぎて可愛げがない…等でこれまでお披露目していませんでした。

今回はレモン汁を少々入れ、油濃し紙で落し蓋をしました。
多少は変色しましたが、お見せ出来ないレベルは脱却しました。

新高だか新興だか、最近の梨は大きいものが主流ですよね。
ジューシーで甘いのですが、剥きにくい食べにくい、可愛くない。
そして小さめの品種は1個売りはしていない、どちらかというと秋口に出回る。

仕方ないので、わが家に未だに残っていた大きな梨で、逆に大きさを活かして中心をくり抜いてみました。
まあ、これはこれで面白いかな?と思いまして。
いつか小ぶりの梨でも作ってみたいです。
近頃はレシピではないスナップにも、つくフォトが出来るそうですね。
ところが私の端末からは出来ないため、とりあえず元となったスナップをリスナしますので、気になる方は参考にして下さい。

Rickさんは既に卒業されているので、まちまちこさんに食べ友をお願いします😉
こいさーーん ものすごく遅くなってすみませんっっ💦💦

リックさんの、リピですね〜
この盛り付け、とってもいいですね😊 私も梨を丸ごと茹でるのちょっと大変だなぁと思っていたのでー
見た感じがすごくいいです 中に白玉入れてもいいかなと思いましたよ

そうそう、リックさんも紙の(オーブンペーパーだったかな…)落し蓋したって言ってました!

↑リックさん、卒業してるのに見に来てくれてたんですね〜

小ぶりの梨って、だいたい梨の旬の時にたくさん出ますよね 季節的に遠いですけど、私もあの美味しさおもいだして食べたくなりました😌

嬉しい食べとも ありがとうございました✨
こいさん から まちまちこ
まちこさん、お忙しいところありがとうございます😊💕
アクセスにムラがあるのは重々承知の上ですから、どうか気にしないで下さいね。
私もムラがありますし充分遅いですし😅

盛り付けを褒めて頂きありがとうございます😆💓
白玉入れたら、梨の器の酒醸桂花丸子ですね!
つまり成功は約束されたようなもの😋🎵

Rickさん、通知をONにしていたのですねえ…ちょっとびっくりしました😲💦
卒業されたというのに、律儀なんですねえ。


> 小ぶりの梨って、だいたい梨の旬の時にたくさん出ますよね

ん?たくさん?気をつけていないと見つからないんだけど…と思って梨の品種別の生産量ランキングを調べてみましたら…
なんと新興梨も新高梨も、新潟県はトップ3に入っていました。

https://www.kudamononavi.com/zukan/jpnpear/shinkou

私は巨大梨の地に来てしまったのですね…うーん😔💧
もぐもぐ! (81)
リスナップ (9)