• お気に入り
  • 2もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/05/03
  • 145

肉フェイス一直線。和風スペアリブ 柚子胡椒風味

レシピ
材料・調味料
スペアリブ
600g
穀物酢
1カップ
すし酢
1/2カップ
1.5カップ
はちみつ
90g
しょう油
大匙2
柚子胡椒
小匙2
鰹節
3g
アスパラガス
適量
塩胡椒
適量
ご飯
適量
作り方
1
鍋を中火にかけ、穀物酢、水、はちみつ、しょう油、柚子胡椒(小匙1)を加え、かき混ぜる。スペアリブを放り込み、煮汁が沸いたら、アクをとって、落としぶたをし、弱火で30分くらいコトコト煮る。30分経ったら、スペアリブを取り出す。
2
付け合わせのアスパラガスは、縦半分に切り、ごま油を塗って塩胡椒し、オーブントースターでテキトーに焼く。
3
1の煮汁を煮詰める。煮詰まったら、追い柚子胡椒(小匙1)を加え、スペアリブを戻してカラメル色になった煮汁をカラメル(笑)乾煎りした鰹節を加えてスペアリブの完成。
4
器にご飯をよそい、付け合わせ、スペアリブを飾り、煮汁をかけて小口葱をパラパラしたら、出来上がり。お熱いうちにどーぞ!! (*^^*)
みんなの投稿 (1)
肉フェス…堪らない、この語感。換言すれば、血沸き肉踊りまくる、お肉の祭典。

あーっ、思い出しました。昨年のこの時期も、テレビの映像で流れる肉汁を見て、己のヨダレが泉の如く湧き出でて、ついには、それが滝となり口腔を塞ぎ、溺れる寸前のところ命辛々逃げだしたことを…

今年こそは、自分も肉フェイスになることを顧みず肉フェスという魅惑の楽園に馳せ参じる誓いを立てたのですが、やはり諸般の事情により、願いが叶うことがない事を知りました。

溢れる涙に、またもや溺れそうになりましたが、「このまま諦めるには、肉食系男子として、あまりにも不甲斐なさ過ぎる。そこは自分で何とかしてみせる。爺ちゃんの名にかけて」という事になり、作ったのが、この料理です。(ちなみに、僕の爺ちゃんは、料理人でも肉好き有名人でも、なんでも有りません。ただの勢いです。)

土井善晴先生のレシピをアレンジしてます。

お酢、はちみつ、そして、しょう油で甘辛く煮込み、鰹節の旨味の柚子胡椒の風味で頂きます。ちょい固めに炊いたご飯と汁ごと混ぜ混ぜして頂くと堪りません。ごま油香るアスパラガスも、口直しに合ってました。 #みんなで食べるから楽しい!ちょっぴり豪華な休日ごはんネタ
もぐもぐ! (2)