• お気に入り
  • 1もぐもぐ!
  • リスナップ
  • 2016/07/19
  • 110

茄子巻き豚生姜焼きのポークカレー❤︎好みのスパイス配合で♪

レシピ
材料・調味料
作り方
1
豚ひき肉でスープを取ります。鍋に☆印の材料を全て入れて、水から煮ます。
2
灰汁を引きながら煮ます。目安は、人参がやわやわになる位。澄んだ綺麗なスープが取れました。
3
ザルにクッキングペッパーを敷いて2のスープを濾します。セロリは捨てて、ひき肉と人参は取り置きます。
4
ひよこ豆を煮汁と豆に分け、3のひき肉とひよこ豆をフードプロセッサーでペーストにします。別々でも、合わせてでもどちらでもいいです。固さを見て、ひよこ豆の煮汁で調整して下さい。今回は別々にペーストにしました。画像はひき肉のペーストです。
5
厚手鍋にオリーブオイル大さじ2を入れて冷たい状態で生姜のみじん切りとニンニクのみじん切りを入れ火をつけます。オイルに香りが移るまで弱火で炒めます。
6
5にみじん切り玉ねぎを入れて強火にして炒めます。半量位になるまでは強火。半量位になったら中〜弱火でじっくり炒めます。飴色玉ねぎは弱火でじっくりと言うのが定説ですが、検証によると、強火で炒めた方が甘みが強くなるそうです。ただし、コゲさすと風味は損なうので、半量位からは火を弱めてじっくり炒めるようにしています。
7
*印のスパイスは合わせておきます。6の鍋の玉ねぎを横によけて、スパイスを炒める空間を作り、オリーブオイル大さじ1を入れスパイスを炒めます。香りが立ったら玉ねぎに絡めて良く炒めます。
8
カットトマトとひよこ豆のペーストとひき肉のペーストを加えて全体を合わせ炒めます。スープ1リットルを入れて煮込みます。塩とアガベシロップを加えて、好みの味に仕上げて下さい。色味がもう少し茶色いほうが好みなら、アガベシロップの代わりにカラメルタブレットで甘味を付けて下さい。チョコレートソースでもいいですよ。合わせ技もいいですね。
9
茄子を豚ばら薄切り肉で巻いて生姜焼きにしたものとパプリカのソテーと茹でたほうれん草をトッピングしました。先ず豚巻き茄子をフライパンで生姜焼きにし、同じフライパンでパプリカをサッと焼く。ほうれん草は茹でておく。ごはんは雑穀米にチアシードを混ぜて炊いています。
10
ソースとトッピングのアップです。ソースはインド風の少しザラっとした状態です。欧風の滑らかなソースと違うインド風で、野菜のツブツブ感が残ったソースです。
みんなの投稿 (1)
ちょっと変化球の甘辛生姜焼きをトッピングしたポークカレーです。
好みの配合でスパイスを合わせてカレーソースを作っています。トッピングの豚生姜焼きに合わせて、スープは豚ひき肉で取り、使用したひき肉もペーストにして捨てる事なく全てカレーソースに使いました。エコ♪(笑)スープは余りますが、ストックしておいてお料理に使って下さい。
今回の旨味とコクはひよこ豆のペーストで❣ひよこ豆、美味しい😍
スープを取った後の豚ひき肉のペーストも、豚の風味はもちろん、ソースの粘度にお役立ちしてくれています。今回はとろみをひよこ豆とひき肉のペーストだけで出しています。

最近、ひよこ豆にハマってます♪美味しいんですよね♪いろんなお料理に深みを加えてくれて、使えます👍体にいい食材だし(*^_^*)❤︎

甘辛い生姜焼きトッピングとカレーソースのコラボも、ぜひ試してみて下さいね♪茄子を巻いても巻かなくても、それはお好みで♪お野菜取りたいときはいろいろ野菜巻きの生姜焼きで、ガッツリ男飯なら豚生姜焼きオンリーで♪どちらも美味しい💕
カレーソースの塩味と甘味はお好みに調整して下さいね。
辛さの調整はレッドペッパーの量を増減してお好みの辛さを見つけて下さいね♪
自分好みのスパイス配合で作るカレーは、やっぱり一味違うので、チャレンジしてみてください(*^_^*)❤︎ #夏バテを吹き飛ばす!ピリ辛我が家のカレーネタ
もぐもぐ! (1)