• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2015/10/22
  • 58

もちもち♪水戻しパスタでドライトマトと葱のパスタ

レシピ
作り方
1
パスタを水につけ戻す。朝から昼までつけました。
2
フライパンを熱し、オリーブオイル50ccを入れにんにくと鷹の爪を入れ弱火でじっくり炒めたら
3
ベーコンとドライトマトを入れて中火でさらっと炒める。
4
水戻しパスタをトング等でとり、大胆に②へどぼーん。このあと水が入るので水切りしないでそのまま入れました。水200ccくらいを入れ、ぐるぐるぐるぐるする。よくぐるぐるしてね~。これで小麦のタンパク質をつなぎにして水と油を乳化させます。水が足りなくなって来たら少しずつ足してOK。麺が透明になって、食べごろの固さになってきたら
5
ねぎとボイルアスパラを入れ炒める。(固いネギの場合、③でベーコンらとともに炒めてください)クレイジーソルトで調味して完成。最後にブラックペッパーを。
6
もちもちだぁああ♡ うまうまー♡
みんなの投稿 (1)
うーんオイルパスタにも合う。ねぎが美味しくなる時期に作りたかったパスタがあったので水戻しパスタの方法で作ってみました。
もっちり~~ばっちり乳化してオイルパスタにも最高。甘味のあるドライトマトと熱を加えたねぎの甘みととろっと加減が合うパスタです。
風邪予防にも旬になってきてる葱を食べましょう。

想像通り乳化が茹でたものよりいいような感じです。結局ゆで汁入れるより直に入れてるから乳化しやすいのだね。


*なんでペペロンチーノ等オイルパスタ、パスタ全般にゆで汁を入れていたかというと。
パスタの元である小麦粉にはたんぱく質か含まれる。タンパク質としてはおよそ米の二倍の含有量。

パスタを茹でるゆで汁にこのたんぱく質が溶けだしているので
これを利用して水と油を乳化させる道具として使っていたというわけです。えまるじょーん。
乳化はエマルジョン、エマルションともいう。
乳液なんかでエマルジョンなんたらで宣伝してるけど乳化剤を入れて乳化させてなめらかさを出しお肌に塗るでしょ。
お料理も一緒です(*´∀`*) 



画像でわからないかもだけど麺がピカピカもちもちしてます(笑)

henryさんが発信元のようなのでマネッコということにさせていただきましたm(__)m

水戻しパスタ 朝から昼まで戻したもの (乾麺で200g)ひとつかみ(テストだったのでこのレシピ、ふたり分くらいの量です)
オリーブオイル50cc
スラスイにんにく1かけ
鷹の爪の輪切り ひとつまみ
ドライトマト(2個くらい)荒みじん切り
ネギ1本 斜め切り
ベーコン50g
ボイルアスパラ1束

クレイジーソルト、ブラックペッパー
#カフェメシ #種類は無限大?我が家のオリジナルパスタネタ #パスタ