• お気に入り
  • 120もぐもぐ!
  • 2リスナップ
手料理
  • 2020/12/31
  • 1,509

たつくりのキャラメリゼ

レシピ
材料・調味料
たつくり
1パック
ごま(洗いごまが望ましい)
大1〜2
大1
醤油
大1
グラニュー糖
大3〜5
作り方
1
ごまは炒って小皿にとる(いりごまを使う場合は省略)。
たつくりもしっかり目に炒る。弱火のフライパンで、焦げないように軽くゆすって、ときどき上下を返しながら水分を飛ばす。
指で曲げてみて曲がるようならまだ炒り足りない。曲がらずに折れるくらいまで炒る。焦げやすいので注意。
これも皿にとる。フライパンに粉状のものが残るが、丁寧に拭い取って捨てる。焦げ臭さのもとになる。
2
空いたフライパンを熱し、酒、醤油、砂糖の順で入れ、固めの飴を作る。
醤油の風味がいらないなら、砂糖だけでやってもよい(この方が簡単)。
水分をある程度飛ばし、飴になってきたらたつくりを入れる。本文に書いたが、カラメル化はほとんどさせない。焦げ臭さが強調されてしまうため。
3
飴がたつくり全体に馴染むよう、よく混ぜる。田作りがまんべんなくコーティングされたら火を切る。
全体をまぜながら、何度かに分けてゴマを入れる。
4
全体が冷めて飴が落ち着くまで、菜箸などで空気を含ませるように、下から持ち上げて混ぜる操作を繰り返す。
これを怠ると、田作り全体が飴でくっついて一体になったオブジェができあがる。しっかり飴が固まるまで混ぜ続けること。
みんなの投稿 (2)
Candied Small Sardines

たつくりは、いつも硬めの飴がけにして仕上げる。
一般的な田作りは、糸をひくような柔らかい甘煮が多いだろう(地方によるのだろうか?)。
あのネトネトした雰囲気がどうも苦手で、ならば飴がけにしてしまえと作ったもの。キャラメリゼと書いたが、飴がけの意で、カラメル化はほぼさせていない(田作りの味とかぶるので)。
乾いているので、お菓子感覚でぽりぽり食べられる。お酒のおつまみにも美味なのだが、一般的な田作りに慣れている方々に出したところ賛否両論だった。私の周りにいる人々だと、関西人にはおおむね好評、中部(ほぼ名古屋)人にはおおむね不評という結果に。

#お正月 #たつくり
とんでもない、光栄です✨

お菓子感覚で食べられるの好きなんですよね

人に出したときの毀誉褒貶は激しいです。気にいる方はすごく気に入ってくれますし、だめな人は完全に受け付けないという感じになりますね

そんな感想が真っ二つに分かれるのも、私個人としては面白いと思っています
もぐもぐ! (120)
リスナップ (2)