• お気に入り
  • 75もぐもぐ!
  • 7リスナップ
手料理
  • 2021/05/30
  • 761

低温調理器で作る 温泉卵

レシピ
材料・調味料
すぐ食べる分
卵2~3個
冷蔵保存して数日間食べる分として
6個くらい
なので、1回にまとめて作るなら
卵8~10個くらい
作り方
1
低温調理器で63.5度、1時間。

卵は常温に戻す必要はありません。
冷蔵庫から出してそのままお湯に入れてください。
2
加熱終了後、即食べる分以外はすぐに冷水で冷やす。
保存は冷蔵庫で3~4日くらいを目安に。

出来たての温かいのも美味しいです。
冷蔵保存したものは出来たてのより黄身は少し固く(粘度が高く)なります。
3
お好みの麺つゆ等をかけてお召し上がりください😊
(濃縮タイプの麺つゆは、かけつゆ程度の濃さに希釈)
ポイント

卵を冷蔵庫から出してすぐの状態から作るので、常温になったかどうかみたいな曖昧な温度差由来の失敗がまずありません。
大きさがMS(52g)~LL(76g) のバラつきのある卵から何十回も作りましたが今までに出来上がりに大差はありませんでした。(一定の温度で加熱時間を長く取る為誤差が減り仕上がりが安定します)

温玉自体はもっと高温・短時間でも作れますが、サルモネラ菌の殺菌が可能な温度×時間を第一の目的として、かつこの卵黄のテクスチャーを求めると、63.5度1hの一択です!

つくフォト (1)
みんなの投稿 (1)
黄身は固形なのに生卵が濃縮しただけかのような食感と味。白身は液状に近いのにプルプル。低温調理器で作る温泉卵は毎回完璧です。おためしあれ!
#低温調理 #sousvide #温泉卵 #和食 #いいたまごの日(11月5日) #温玉 #保存食/常備菜
もぐもぐ! (75)
リスナップ (7)