• お気に入り
  • 75もぐもぐ!
  • 7リスナップ
手料理
  • 2021/05/30
  • 2,181

低温調理器で作る 温泉卵

レシピ
材料・調味料
作り方
1
低温調理器で63.5度、1時間。

卵は常温に戻す必要はありません。
冷蔵庫から出してそのままお湯に入れてください。
2
加熱終了後、即食べる分以外はすぐに冷水で冷やす。
保存は冷蔵庫で4日前後。

冷やすと黄身が若干固めに(粘度が高く)なります。
3
お好みのつゆをかけてお召し上がりください
ポイント

卵を冷蔵庫から出してすぐの状態から作るので、温度差由来の失敗がありません。

また、一定の温度で加熱時間を長く取る為誤差が減り仕上がりが安定します。

(大きさがMS 52g ~LL 76g のバラつきのある卵からかなりの回数作りましたが今までに出来上がりにほぼ差なし)

温玉自体はもっと高温・短時間でも作れますが、サルモネラ菌の殺菌を第一の目的として、かつこの卵黄のテクスチャーを求めると63.5度1h がベスト

みんなの投稿 (1)
黄身は固形なのに生卵が濃縮しただけかのような食感と味。白身は液状に近いのにプルプル。低温調理器で作る温泉卵は毎回完璧です。おためしあれ!
#低温調理 #sousvide #温泉卵 #和食 #いいたまごの日(11月5日) #温玉 #保存食/常備菜
もぐもぐ! (75)
リスナップ (7)