• お気に入り
  • 57もぐもぐ!
  • 5リスナップ
手料理
  • 2021/09/27
  • 351

生鮭のクミンシード焼き、柿と生ハムのサラダ、きのこのギーソテー和風デュカ、ザワークラウト、アボカド、ブロッコリースプラウト

レシピ
材料・調味料 (作りやすい分量)
生クルミ(無塩)
1/2cap
クミンシード
大1
白煎り胡麻
大1
粉山椒
小1
小1
花椒粉(あれば)
少々
作り方
0
フライパンをちにかけてクミンシードと胡麻を香りが立つまで1分弱煎る。すり鉢に入れて香りが立つまで軽くすり混ぜる。
1
くるみは手で荒く砕いてフライパンでⅠ-2分煎る。
1に加えて細かく砕きながらすり混ぜる。
2
2の粗熱が取れたら、粉山椒、塩、花椒粉を加えてよく混ぜる。
みんなの投稿 (1)
皆さん、お仕事、家事お疲れ様です(^^)
今日は夜勤明けで、明日も夜勤(泣)

作り置きの和風デュカを、ギーで炒めたきのこに乗せました。
一度作っておくと、かけるだけで凝った味になるので便利です(^^)
レンチンかぼちゃにデュカを乗せて、その上にギーを乗せたり。

クルミは体内では作ることの出来ない必須脂肪酸のオメガ3系が豊富です。

必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6の割合いは
1:4が理想的✨
オメガ3は炎症を抑えるのに対し、オメガ6は炎症を起こします。どちらも生体には必要な反応で、要はバランスが大事なのです。
でも普通に食べていると、自然にオメガ6に偏りがちになってしまうので、すすんでオメガ3を摂ると良いと思います。

【オメガ3】

 一般的には青魚、アマニ油、えごま油など。
 でも直ぐに酸化しやすくて、アマニ油、えごま
 油は熱に弱いと言われてます(低温圧搾抽出法
 で摂られているものは200℃くらいなら問題が
 無いという説も)。
 他にオメガ3系が多いのは、サチャインチオイ
 ル、カメリナオイル(カメリナオイルの方がサ 
 チャインチオイルより3系が多い)。
 この2つはビタミンEが含まれているので、安定
 しているので熱に強いのです。
 クセもあまり無いので、和風料理にも合います
 ね😃

#デュカ
#ケトジェニックレシピ
#ケトレシピ
#ケトごはん
#低糖質
#オメガ3
もぐもぐ! (57)
リスナップ (5)