• お気に入り
  • 12もぐもぐ!
  • 1リスナップ
手料理
  • 2017/03/13
  • 302

今晩は、焼き鳥ねぎま、鰻肝、まて貝塩茹で、酒粕焼き、平鯵造り、穴子の酢の物 胡瓜 玉ねぎ、月の桂にごり酒 「にごり酒」を、日本酒で初めて生み出した蔵元「月の桂」。 もろみの発酵途中のものを、特別に濾してそのままびん詰めにした活性にごり酒(生酒)。 軽快な味、フレッシュでシャープな酸味、炭酸ガスによる発泡性は、まさに「

みんなの投稿 (1)
続き

まさに「米のシャンパン」です。
昨日の増田社長直伝の開封方法で(絶対に振らない、斜めに傾けて開ける)封を切ると、発泡と共に沈殿物がふわぁっと沸き上り、何とも言えない至福感。

フルーティーな香り、爽やかな酸味、心地よい喉ごしは、あらゆるお料理に合いそうですが、今晩は冷蔵庫にあったもので、にごり酒に合いそうな肴の盛り合わせに。

毎晩日本酒に合うようなお料理ばかり作っているのに、呑むと眠たくなって後が大変なので晩酌はしない私でしたが、ここ暫くはちびちび呑もうかと♪( ´▽`)

ほろ酔いで今日も美味しかった!
もぐもぐ! (12)
リスナップ (1)