• お気に入り
  • もぐもぐ!
  • リスナップ
手料理
  • 2016/01/04
  • 144

加水90% 湯種角食

レシピ
材料・調味料
作り方
1
今回の捏ね上げ終了時張りを持って丸められた
2
前回の捏ね上げ終了時ベタベタでこれ以上どうにもなりません
3
今回の成形 型入れプリンッと まとまり扱いやすい生地
4
前回の型入れ( ̄∀ ̄)打ち粉いっぱいで 放り入れた感じ
5
今回のカットキメ細かく しっとりふわふわ
みんなの投稿 (1)
前回までの【角食部】は発酵不足で角がまぁるくなってしまったので今回は気を付けた
・・・つもりが カクカクだ( ´△`)

いつになったら ホワイトラインも美しい角食を披露できるのでしょうか( ̄∀ ̄)

さて、今回は加水率90%の高加水角食
いわゆる 「セントルの湯種プルマン」を参考に作りました。

加水90%と言っても 湯種だと まとまり易い!
いつも作る70%よりは ポワンポワンの生地だったけど
打ち粉もたいして必要もなく成形ができた。

実は このレシピで作るのは2回目
1度目は デロンデロンの 高加水らしい
扱いにくい生地になった
今回は 捏ねあげ時点でコロンとまとまった。
同じ配合、同じ粉、同じ作り手
何が違うんだ!?

違いは 前回は ある程度 捏ねたところに 湯種をポトンといれた。
うまく混ざらずベタベタ生地と格闘する事になった。

今回はそれを踏まえて 本捏ねの水分で 湯種を溶かし混ぜ
その水を 粉に投入!
すると はじめこそ ベタベタとしていた生地が15分ほどするとキレイにまとまり出した

水分量を間違えたのかと思って 捏ね上げ生地を計ってしまった 笑
2分割でひとつ260g弱
水分量は合っている模様

前回作った時の写真もあったので 「作り方」に並べて載せます
写真で見れば一目瞭然の違い

あ、ちなみに 前回のは 蓋から溢れ出し 焦げ気味
そして中には見たこともない大穴!!
自立しない どうしたものか!? というのが焼きあがった
(ホワホワでおいしかぅたんだけどね 笑)

さて、次回 このレシピで作るとどうなるでしょうか

#パン・ピザ