2022年12月01日 (更新 2023年02月02日)

「食卓を紡ぐおたより便」~日本の果実編~2つ目のアイテム《梅ジャム》

2022年4月20日、スナップディッシュマーケットよりスタートした、定期便サービス「食卓を紡ぐおたより便」

食を通じて人はもっと豊かになれる、それは贅沢をするのでは無くもっと根源的なこと。
1つの塩むすびが、涙を流すくらい美味しかったり、明日も生きようって思えたり、食べるってきっとそんなこと。
そんな日々の食が少し楽しく、もっと美味しくなる体験、スナップディッシュと一緒に少しだけ覗いてみませんか?

あるとちょっと料理が楽しくなるアイテムを、2ヵ月毎の定期便にてスナップディッシュがお届けします♪

「食卓を紡ぐおたより便」定期便サービスでは、1テーマ3アイテムにて2ヵ月に1度、皆様のお手元へお届け致します。
第2回目テーマは「日本の果実」。


日本には四季があり、その季節に応じて、豊かに実る果実があります。
自然豊かな大地でのびのびと育った日本の果実、そのまま食べるだけじゃもったいない。
スナップディッシュマーケットからの提案です、日本の果実をいつものお料理に使ってみませんか?
【食卓を紡ぐおたより便】第二回目にお届けするテーマは、「日本の果実」。
日本の果実を使った、あると料理が楽しくなる3つのアイテムをお届けします♪

「日本の果実」編2つめのアイテムは「梅ジャム」。
奈良・吉野の堀内果実園で作られる南高梅を使い、まるで果物のような酸味と優しい甘味を持つ、「プレミアム南高梅コンフィチュール 」。
木成完熟収穫で、まるで杏子のような香りの南高梅を無添加でコンフィチュールに仕上げた逸品。完熟南高梅はすごくジューシーで、梅も果実だったのかと思える逸品です。

こちらでは、爽やかな酸味と優しい甘味が、季節の素材を引き立てる「プレミアム南高梅コンフィチュール」の魅力を余すことなくご紹介します。

奈良・吉野の「堀内果実園」

堀内果実園は、果樹を専門に栽培に取り組む、現在六代目となる農家です。
奈良・吉野の広大な山々に囲まれ、季節を通して果物と丁寧に向き合う果実園です。
杉や檜などをはじめ吉野ならではの資材を用いて土壌を作る農地はいつもふかふか。
木を粉砕して作るチップや、無化学肥料を使用し春先に土作りを行います。フカフカと健康な土壌にはモグラやミミズなどの微生物が生息し、活性された土壌での栽培を行っています。

まるで果物のような酸味と優しい甘味を持つ、「プレミアム南高梅コンフィチュール 」


「プレミアム南高梅コンフィチュール 」は木成完熟収穫で、まるで杏子のような香りの南高梅を無添加でコンフィチュールに仕上げ、梅も果実だったのかと思えるようなジューシーな仕上がりです。

爽やかな酸味と優しい甘味が、季節の素材を引き立てる


完熟で収穫した南高梅のみを使用し、北海道産ビート糖のみで作った梅コンフィチュール。さわやかな梅の酸味は完熟収穫ならではの味わいです。
テクスチャーは柔らかで、明るくオレンジ色に輝くそれは、パンに塗る他、お料理にも使いやすい梅ジャムです。

チキンの白ワイン梅ジャムソテー


鶏もも肉をガーリックとオリーブオイルでこんがりソテーし、にんにく、白ワイン、梅ジャムで軽く煮込みます。仕上げにバターで風味をつけ、ソースにとろみがついたら、ブラックペッパーを引いて出来上がり。

白ワインはもちろん、軽めの赤ワインやしっかりとしたボディーをもつスパークリングワインなどにぴったり。梅の爽やかな酸味がふんわりと残り、どこか素朴さを残す味わいに仕上がります。

蕪のソテー梅ジャムソース


旬の蕪をオリーブオイルで少し食感が残る程度にソテーします。
ソースは梅ジャム、オリーブオイル、お塩、お醤油を合わせて。

ポイントはお塩。1つまみのお塩が味を引き締め、梅ジャムの優しい酸味とお醤油の風味が蕪の甘味を引き出します。
チキンの白ワイン梅ジャムソテーの付け合わせにもぴったりです。

編集部おすすめの「プレミアム南高梅コンフィチュール」レシピをInstagramでも紹介してます♪

「食卓を紡ぐおたより便」についてもっと知りたいかたはこちら♪

関連カテゴリ