2022年06月24日 (更新 2022年07月06日)

今年こそ、暑さに負けないカラダを作る!【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立の極意

暑さで食欲が減退しがちなこれからの季節…。「栄養バランスのとれたご飯で夏バテ対策をしたいけど、どんな献立にすればいいかわからない」と悩んでいる人も多いのでは?そんな人にぜひおすすめしたいのが、味の素㈱の【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立です。

「勝ち飯®」とは、味の素㈱が提案している「目的に応じたおいしい栄養バランスごはん(管理栄養士監修)」です。
必要な栄養素を簡単にとるコツとして、たんぱく質・野菜・汁物の3つを組み込んだ献立を提案しています。

今回ご紹介する【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立は、みんなが大好きなスタミナ丼に具だくさん汁物を合わせるだけで、夏バテ対策におすすめの栄養素がしっかりとることができます。
ポイントは3つ!
①不足するエネルギーを補うのに役立つビタミンB1
②抗酸化作用で紫外線から体を守ってくれるビタミンC
③カラダづくりに欠かせないたんぱく質

「これならすぐにできそう!」と、スナップディッシュ編集部もさっそく、味の素㈱のレシピで夏バテに負けない【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立に挑戦してみました!その結果を紹介します。



提供元:味の素株式会社

【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立①…たっぷり野菜の麻婆茄子丼+金のスタミナスープ


味の素㈱のレシピによる、夏バテに負けない【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立第一弾は、みんな大好き!麻婆茄子の丼と、野菜たっぷり&落とし卵トッピングのニンニク風味の中華スープ献立です。

豚ひき肉と卵から、カラダづくりに欠かせないたんぱく質と不足しがちなエネルギーを補うビタミンB1をしっかりとることができ、玉ねぎとニンニクに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収を高めてくれます。

抗酸化作用で紫外線から体を守ってくれるビタミンCは水に溶けやすいのですが、野菜たっぷりの汁物ならしっかりとることができます。


「たっぷり野菜の麻婆茄子丼」というメニュー名のとおり、茄子のほかにピーマン、にんじん、玉ねぎなどの野菜もびっくりするほど入ります。丼ものってなんとなく罪悪感がありますが、これだけ野菜がとれるなら安心して食べられますよね。
そして味付けは中華合わせ調味料「Cook Do®」麻婆茄子用ひとつだけ。簡単で、何より間違いなく美味しいのがありがたい…!

野菜がたっぷり入っているせいか、いつもの麻婆茄子よりもさっぱり食べられる印象(さっぱり味好みの女性スタッフにも好評でした)。そして麻婆味はやっぱり、白飯との相性が最強!これなら暑い日でも、ご飯がぐいぐい進みそうです。


「金のスタミナスープ」もこれまた簡単。にんにくの香りを立たせたごま油で豚肉、キャベツ、にんじんを炒め、水、ニラを加えて煮立たせたら、「Cook Do®香味ペースト®」で味を調えます。最後に卵を落として半熟にすればできあがり。

煮る前はキャベツの量にびっくりしますが、汁物だとするっと食べられてまたびっくり。白湯スープのようなコク、にんにくの香りとトロトロの卵で、男性スタッフのテンションが上がりまくりの汁物でした。


この献立の味付けで使ったのは、中華合わせ調味料「Cook Do®」麻婆茄子用と、「Cook Do®香味ペースト®」の2つだけ。使う調味料が少ないと、暑い台所に立つ時間も少なくて済むので、大助かりです。

【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立②…肉みそキャベツロコモコ丼+トマトとオクラのうま塩豚汁




【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立第二弾は、ハワイ料理「ロコモコ」風の丼と、うま味たっぷりの汁物の献立です。ロコモコ丼はご飯の上にハンバーグと目玉焼きをのせ、ソースといっしょに崩してご飯にからめながら食べますよね。どうせくずすなら、ハンバーグを作る手間を省いて挽肉炒めで作ってしまおう!というアイディアがいいですね。

こちらも第一弾と同じく、豚肉と卵から、カラダづくりに欠かせないたんぱく質と不足しがちなエネルギーを補うビタミンB1がしっかりとれ、小ねぎに含まれるアリシンでビタミンB1の吸収を高める作戦です。



「肉みそキャベツロコモコ丼」は、キャベツと小ねぎ、豚ひき肉を炒めたら、味つけは和風合わせ調味料「Cook Do® きょうの大皿®」肉みそキャベツ用だけで完成。あとはご飯にかけて目玉焼きを乗せるだけ。
今回、編集部で一番人気だったのが、これ!挽肉の味付けがとにかく絶妙で、ご飯にもキャベツにも合うので、おかわりが止まらない美味しさ。作り方も本当に簡単だったので、「わが家の定番にしたい!」の声続出でした。
「トマトとオクラのうま塩豚汁」も、美味しさと簡単さにスタッフ一同が感動した汁物。ごま油で豚肉としょうがを炒め、水を入れてトマトとオクラを加えひと煮立ちさせるだけ。味付けはなんと、「ほんだし®」を2回に分けて加えるだけという簡単さ。

簡単なのに「ほんだし®」に含まれる塩分だけで見事に味が整い、しょうがの香りがまた、魔法のように食欲をかきたててくれるんです!スタッフの中には、トマトと「ほんだし®」の相性のよさに驚く声や、「サラダだとこんなにトマトを食べられないのに、汁物だと食べれちゃう」「しょうがの香りが大事!無ければ買いに走ってでも、入れた方がいい」という声も。

「トマトとオクラのうま塩豚汁」が残った時は、そうめんを入れて「トマトとオクラのうま塩豚汁そうめん」にするのもおすすめです♪

こちらも使った調味料は、和風合わせ調味料「Cook Do® きょうの大皿®」肉みそキャベツ用と「ほんだし®」の2つだけ!

【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立で、暑さに負けないカラダを作りましょう♪

いかがでしたか?「たんぱく質」「野菜」「うま味のきいた汁物」の3ポイントをおさえた献立作り、意外に簡単で驚いたのでは?何より、簡単で美味しいのがいいですよね。ぜひ皆さんも今年こそ【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立で、夏バテ知らずの夏にしてください。

※「勝ち飯Ⓡ」は味の素㈱の登録商標です。


またSnapDishでは6月24日から、今回の4つのお料理に使った味の素㈱の4商品をセットで300名にプレゼントするモニターキャンペーンを行っています。お宅で今回の【「勝ち飯®」スタミナ丼】献立をお試しいただけるチャンスです!
関連カテゴリ