2020年06月26日 (更新 2020年07月12日)

【ラクなのにウマすぎ!夏野菜料理選手権】を、夏の「ぱれっと」で試してみたよ!

「みんなの“食卓の未来”をもっと豊かに、もっと明るくするお手伝いをしたい」…同じ想いからタッグを組んだSnapDishと食品宅配の「らでぃっしゅぼーや」。「栄養たっぷりで美味しい旬野菜をもっと楽しみたいけど、お料理のレパートリーがもうひとつ広がらない」「野菜は調理が面倒で、つい敬遠しがち」といった【野菜のお困りごと】解決プロジェクト第一弾となる「旬を楽しむ夏野菜」投稿キャンペーンがいよいよスタートしました♪

「旬野菜をもっと楽しみたい」モードがヒートアップ中の編集部に届いたのが、らでぃっしゅぼーやの自信作「ぱれっと」の夏バージョン。そこで、すぐに作れるお手軽料理を投稿レシピからピックアップし、さっそく試作。旬野菜のパワーとSnapDishユーザーのひらめきが合体すると、美味しさがどかん!と爆発するのを実感しました。

提供元:らでぃっしゅぼーや

今回の「ぱれっと」に入っていた旬&通年野菜は、これ!

「ぱれっと」は、毎週定額で、「らでぃっしゅぼーや」が厳選した野菜や果物の詰め合わせが届くサービスです。何が入っているかは箱を開けてからのお楽しみですが、各地自慢のピカピカの旬野菜、最高に味がのっている果物が詰まっているので、開ける時は毎回、まるで宝箱を開けるようにワクワクするんです♪




中身は毎回違いますがイメージとしては、その時季しか手に入らない旬野菜を中心に、冷蔵庫に常備しておきたい使い勝手のいい通年野菜もしっかりおさえているラインナップ。

今回の夏バージョン「ぱれっと」に入っていたのは、
・小松菜(群馬県産)
・キャベツ(群馬県産)
・ブロッコリー(群馬県産)
・玉ねぎ(群馬県産)
・にんじん(千葉県産)
といった通年野菜と、
・ミニトマト(千葉県産)
・とうもろこし(愛知県産)
・ジャーガルちぐさ【ピーマン】(沖縄県産)
の旬野菜。
どれもピカピカ輝いていて、手に持つとずっしりと重みがあり、見るからに美味しそう…。


お店ではなかなか手に入らない主役級ピーマン「ジャーガルちぐさ」

「らでぃっしゅぼーや」は、野菜や食材の多様性やおもしろさ、珍しさを知ってもうため、日本全国で希少な存在となっている伝統野菜や、個性的で珍しい野菜などとの出会いにも力を入れています。今回入っていた半世紀も前に生まれた古参品種のピーマン「ジャーガルちぐさ」もそのひとつ。

ピーマンって、圧倒的に肉詰めに使用されることが多いので、最近のピーマンはそれに合う小さ目で皮の薄い品種が主流だそうです。

でも「ジャーガルちぐさ」は、大ぶりで肉厚で、ピーマン本来の力強いうまみを持っているのが特徴。そのまま炒めるだけで大ご馳走になりますし、お肉と炒め合わせてもお肉に負けない存在感。しかも苦みが少ないので、生でもおいしく食べられるそうですよ。

ピーマンがヘタや種までも美味しい!トウモロコシの新しい美味しさにスタッフ驚愕!



こんなすごいパワーのある野菜には、そのパワーをダイレクトに味わえるシンプルな調理法こそふさわしい!というわけで投稿から「まるごと焼きピーマン」「エスニック焼きとうもろこし」をチョイス。

ホイルに包んで、グリルで丸ごと蒸し焼きにした「ジャーガルちぐさ」の甘さ、柔らかさは想像をはるかに超えていました!ヘタまでも柔らかくジューシーで、種もおいしく食べられることにびっくり。じつはピーマンは、丸ごと焼くことで、苦み成分が押し流され、甘みが強く感じられるのだとか…。スタッフの間でも「ジャーガルちぐさは肉厚だから、よけいに甘みが感じられるのかも」「これは絶対、家でもやってみたい!」という声があがっていました。

「エスニック焼きとうもろこし」は、これまで味わったことのない斬新なおいしさにスタッフもびっくり!ほどよいピリ辛の刺激がビールにぴったりで、「最近、とうもろこしといえばコレばっかり♡」(すずらんさん)という感想も納得。「ハイボールにも合いそう」「枝豆でもやってみたい」と盛り上がりました。

超さっぱり&超ボリューミー。オクラ料理の振り幅の広さを知る



他にも代表的な夏野菜でいろいろ調理してみました!
先ずはオクラ。こちらは「さっぱり」「こってり」両方の味わいにトライ!「長芋とオクラのしば漬け和え」はあっという間にできるのに、オクラと長芋のとろりとした粘りがしば漬けの酸味をやさしく包んで、止まらないおいしさ。きりりと冷やした日本酒にも合いそうですし、素麺のトッピングにもよさそう。

「肉巻きオクラのカレー照り焼き」は、ちょっとのお肉でびっくりするほどのボリューム感!野菜が好きじゃないお子さんでも、カレー風味のお肉につられてパクパク食べてくれることうけあいです。冷めても美味しいので、多めに作っておいて翌日のお弁当のおかずにしてもいいですね。


「煮ないラタトゥイユ」で、野菜の新しい食感に出会えた!


夏野菜のうまみをぎゅっと凝縮させた「ラタトゥイユ」は、まさに“夏のご馳走"。暑い時に長時間、鍋につきっきりで煮込むのはツライのですが、この煮ないラタトゥイユ」ならあっという間に作れて、野菜の食感も堪能できます。

またラタトゥイユは、野菜の種類をたくさん揃えるのがちょっと面倒ですが、この作り方なら単品でも作れるのでさらにカンタン♪

みんなでもっと夏野菜を楽しもう♪

いかがでしたか?こんなにシンプルな調理で、ここまで美味しい野菜料理ができるなんて、びっくりですよね。「旬を楽しむ夏野菜」投稿キャンペーンには、もっともっと驚きの絶品おかずと出会えそう・・・と、編集部の期待は高まるばかり。ぜひ、自信作を投稿してくださいね!

SnapDishユーザー限定♪らでぃっしゅぼーやの野菜セットもお見逃しなく!
契約農家さんが直伝!「農家の台所」レシピ動画にも、今夜のおかずのヒントがいっぱいですよ!
【野菜のお困りごと】解決プロジェクト企画をもっと詳しく知りたい方はキックオフ記事もcheckしてね♪
   
関連カテゴリ