2016年11月04日 更新

あなたの知らない、みそおでんのディープな世界!寿がきやの「みそおでんの素」で体験してみない?

待ちに待った、鍋の季節到来!簡単だし、おいしいし、栄養バランス満点だし♪毎日食べても飽きないし♪♪というわけで、今回ご紹介するのは愛知県にある寿がきや食品さんの「みそおでんの素」!

でも、みそおでんって関東ではあまりなじみがないですよね?編集部でも「おでんはよくつくるけれど、みそおでんはつくったことがない…」「名古屋に行った時に食べたことがある」という声ばかり。じつは私もそうで、「煮込まないといけなそうで面倒」「焦がしそう」「すごく味が濃そう」…さまざまな不安が。でもパッケージのおいしそうな写真に背中を押され、試してみました!

意外!塩辛さよりも、コクと甘味が先にくる

寿がきや食品さんの「みそおでんの素」は、水を入れて煮込むだけで、お店で食べるような本格的な味わいのみそおでんができる濃縮調味料。味付けは八丁味噌をベースにした味噌だれに、本みりん、三温糖、牛脂を加えて仕上げています。
濃縮タイプなので、1袋(2人前)はこの量。なめてみると、思ったほど塩辛さはなく、むしろ甘くてまろやかなコクがあります。このまま野菜につけて食べたい!と思っちゃいました。

ちょっと煮込むだけで、3日3晩煮込んだみたいな色艶!

作り方は簡単。鍋にこの「みそおでんの素」を入れて水に溶かし、軽く下茹でした具材とともに煮るだけで、しっかりと味噌で煮込まれたおでんが出来上がります。とはいえ、パッケージの写真を見て、「これは時間がかかりそう」と覚悟していました。なのに、煮込み始めてちょっと洗い物をして、ふと鍋を見ると、大根や卵が、たっぷり煮込んだみたいな色艶になってるんです!なにこれ、マジック!?
この色艶ですが、本当に10分くらいしか煮ていないんです!食べてみても、本当に煮込んだとしか思えないくらい、しっかり味がからんでいます。そして、コクがあって深みのある味噌の風味がたまりません…。

香りで変化をつけると、楽しさアップ!

七味をかけたら、味噌のおいしさがさらに炸裂!それだけでもたまらないおいしさですが、具によって違う香りを楽しみたいと思い、厚揚げにはカレー粉を、大根には山椒をかけてみました。

思ったとおり、同じみそおでんのつゆなのに、香りでがらりと表情が変わるのです!ランチに編集部で食べたら、「牡蠣こそ、カレー粉!」「山椒は何にかけてもいい仕事をする!」「辛子もいけるぞ!」と、超盛り上がりました!ホムパで、いろんな薬味を用意したら受けそう♪

子供が好きな具にアレンジしたら、男性にも受けた!

みそおでんって、どうしても大人好みの味なので、具にひと工夫。

何だかわかりますか?左が冷凍のたこ焼き、右が残り物の唐揚げ。この2品はお子さんにも受けそう。たこ焼きは煮込むと溶けるので、レンジで解凍して、さっとつゆにくぐらせるようにしましょう。子供だけでなく、編集部の男性スタッフにも大受けでしたよ

とろ~り効果で、さらに魅力アップ

食べ続けて、ちょっと味が濃く感じ始めたら、とろ~り食材をトッピング♡これでまたぐっとおいしさがレベルアップします。
温泉卵は、みそ味のつゆと相性抜群!
溶けるチーズを電子レンジで柔らかくして、具にのせてみました。みそとチーズって、醗酵食品同士の製菓、相性ばっちりなんですよね。

この手もあります!「つけみそおでん」

投稿から発見!この「みそおでんの素」をそのままお椀に入れてあたためて、具につけて食べる「つけみそおでん」。次は絶対、これにしよう!
我が幼少期に作って以来、約40年ぶりの『付け味噌おでん』どす。こんな味だったかなぁ🤔

うどんもいいけど、ごはんもね♡

残ったおつゆには、当然、うどんを投入…。でもおなかいっぱいでもう入らない、という時こそ、絶好のチャンス。翌朝、卵かけご飯の上にかけてみて。
卵でもいいし、写真みたいに温泉卵でもOK。このご飯のために、残ったつゆを死守したくなりますよ。
つゆもごはんも残ったら、味噌焼きおにぎりに!これ、ごはん炊き直してでも食べたい!
おでんのお供 味噌焼きおにぎり

寿がきや食品さんは、世界で初めてスープの粉末に成功!

寿がきや食品さんは、地元を中心に50年以上愛され続けている、愛知県の食品メーカー。昭和37年に、世界で初めてスープの粉末化に成功して、家庭用粉末スープ「中華スープの素」を発売した会社としても有名です。

そんな研究熱心な寿がきや食品さんが、特に力を入れて研究し続けたのが、愛知県の庶民の味「みそ煮込」。みそ煮込うどんが持つ独特の煮込み感を、手軽に即席めんで引き出せるようにするため、研究に研究を重ねたそうです。そのかいあって、約100品目以上もある寿がきや食品さんの全商品の中で、「みそ煮込」はダントツ売り上げナンバーワンだとか。

こうした研究成果を活かし、もっと本格的な味を"おでん"で楽しんでもらいたいと思って開発したのが、今回紹介したチルドタイプの「みそおでんの素」だそうです。

寿がきや食品さんのHPには、すぐに作ってみたくなるようなおいしそうな食品がいっぱい!ぜひチェックしてみて!

※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。