2016年08月24日 更新

ココナッツオイルなのに、無臭!シュガーレイの「クッキングココナッツオイル」で和食を作ったら、自分史上最高の○○○ができた!

ミランダ・カーはじめ、世界のセレブが美容と健康のために食事に取り入れているというスーパーフード「ココナッツオイル」。その認知度はすでに、すごいものがあります。先日はなんと80代の祖母がどこで聞きつけたのか、「ココナッツオイルでうがいするとデトックスにいいんだって」などと言いだして、びっくり。多くの美容・健康効果があるといわれていますが、じつは私は、あの甘いスイーツのような香りが少々苦手。スイーツに使うならいいのですが、料理に使うと気になり、せっかく買ってもなかなか使いきれませんでした。

ところが、成分はそのままで、あの特有の甘い香りだけをカットしたココナッツオイルがあるというのです!それがシュガーレイさんの「クッキングココナッツオイル」。香りがないなら味を邪魔しないから、シンプルな和食にもばんばん使えそう!と喜んで試してみたら…。「味を邪魔しない」どころか、もっともっとすごいことが起こってしまったのです!

ココナッツオイルなのに、無臭!

まずは、ココナッツオイルの基礎知識から。ココナッツオイルとは、ココヤシの実の胚乳から摂れる油で、ココナッツ特有の香りがします。

シュガーレイのクッキングココナッツオイルは、特有のニオイをカットし、お料理に幅広く使えるようにしたココナッツオイルだそうです。
お皿にとって香りをかいでみると…。確かに、あの特有のニオイがしない!色も透明です(奥のオリーブオイルと比べるとその違いにびっくり)。そしてオイルなのに、水のようにサラサラ。こんなオイルは初めてです。さっそく調理に使ってみました。

「茄子の揚げ浸し」で、その差にびっくり!

茄子の揚げ浸しは夏のご馳走ですが、揚げると水が出て身がクタッとやせてしまい、ボリュームもダウンするし、見た目も悪くなるのがちょっと悲しい…。ところが、シュガーレイのクッキングココナッツオイルで揚げたら、このとおり、ふっくらしたまま!
一般的なサラダ油で、同じ時間揚げて比較してみました(右がクッキングココナッツオイル)。全然違いますよね。しかもこの差、めんつゆにつけたらさらに広がりました

自分史上、最高のかき揚げが、ノーテクでできた!

特におどろいたのが、天ぷらです。これまで、天ぷら上手の友達に「カラッと揚がるよ」と教えられた米油を使って、それなりに満足していました。でもシュガーレイのクッキングココナッツオイルは、「カラッ」のレベルが違いました!見てください、この出来栄え。
かき揚げを作るとだいたい3~4個にひとつくらいはばらけて失敗するのですが、人生で初めて失敗なしの完全勝利!そして、自分史上最高のカラッと感!

私、天ぷら屋さんを開けるかも、と本気で思いました。天ぷらが苦手な方、クッキングココナッツオイルでやってみてください。どんなふうに作っても、カラッと揚がっちゃいます!揚げた直後がカラッとしてるだけじゃなく、時間がたっても、揚げたてのクリスピー感がそのまま。代謝されやすく脂肪になりにくいわけですから、気にせずたっぷり食べられるのもうれしい♪

パッとしない具のみそ汁が、大変身

ココナッツオイルは、納豆やキムチ、味噌などの醗酵食品と相性がいいそうです。そこで、シンプルな具のお味噌汁にほんの数滴、クッキングココナッツオイルをたらしてみました。
味噌のいい香りはそのまま、コクとうまみが加わって、シンプルな具なのに不思議なくらいおいしくなりました!ランチの時に編集部のスタッフに黙って出したら、「今日の味噌汁はうまい!」「だし変えた?」と次々に聞かれて、にんまり!

野菜サラダで初の失敗!ところがそこから、大逆転劇が

調子に乗って、和風サラダを作ろうとしたら、失敗しちゃいました。ココナッツオイルは25℃を目安に、それより低い温度だと液体から個体に変わります。それを忘れて生野菜をココナッツオイルで和えたら、あっと言う間に白い細かい粒が…!
今の季節なら、少し室温に戻せば消えますが、すぐに食べたい時はホットドレッシングにするのがおすすめ。せっかちな私は、少し温めた白だしに叩いた梅干し少々を加えてかけたところ、これがものすごくしみじみおいしい煮浸し風サラダに!
あまりにおいしかったので、千切りにしてココナッツオイルと叩き梅で和えた野菜を冷蔵庫に常備。食べる時にさっと軽く温めた白だしをかける「煮浸しサラダ」にはまっています。

投稿のほとんどが、スイーツ、パン、エスニック料理…

「ココナッツオイル」で投稿レシピを検索すると、2600件余りもヒット。なのにそのほとんどがスイーツかパン、時々エスニック料理で、和食はほとんど見当たりませんでした。

せっかくこんなに体によくて、和食をおいしくするスゴ技を隠し持ってるのに、あのニオイのせいで使いにくかったんですね。もったいない…。
殻つきブラックタイガーのココナッツオイル焼き
raycheal 海老の殻と尻尾までバリバリ食べれちゃう。
ナスとトマトのココナッツオイル炒め

ニオイはカットしても、ヘルシーな成分はそのまま♡

シュガーレイのクッキングココナッツオイルは、お料理に広く使いやすいように、独特なニオイをカットしていますが、中鎖脂肪酸、ラウリン酸の成分量は、エクストラヴァージンオリーブオイルと変わらないそうです。コレステロールゼロ、トランス脂肪酸ゼロなので、安心して摂れますね。
シュガーレイさんの製品で、ココナッツオイルをしのぐ大人気商品が、ポップコーン。良質な天然ココナッツオイルをたっぷり使って焼き上げているので、ヘルシー。しかも「ハニーミルク」「南高梅かつお」「宇治抹茶ミルク」「チーズカリー」などユニークなフレーバーがたくさんあって楽しいんです♪ぜひこちらも、商品サイトをチェックしてみて!


※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。