2016年07月12日 更新

なにこの悪魔丼!「さばみそ煮」の缶詰2個で作るドンブリが想像を超えていたww

昨年の冬頃からインスタなどで話題になっている「悪魔トースト」。みなさん、チャレンジしてみましたか?
悪魔トーストとは、ハイカロリーだけど一度食べたらもう病みつき!中毒性のある危険なトーストのことを指します。

定番は、食パンにスライスチーズをのせて上白糖をたっぷりとかけ、砂糖がカリカリになるまで焼いたもの。
食パンのふわふわにチーズと砂糖のハーモニーがたまりません!飴状になった砂糖もまた美味しいんです♪

甘党にはたまらない「悪魔トースト」ですが、ガッツリ食べたい気分の時には、ちょっと物足りないかな?
そんなガッツリ系のみなさまには、丼もので作るあるメニューがオススメなんです!

実は・・メーカーさんからサンプルで頂いた「サバ味噌煮缶」を使ってアレンジ料理を作っていたら、すごい丼ができちゃったんです!ψ(`∇´)ψ
これぞ、まさしく『悪魔丼』と呼べるのではないでしょうか・・!?

品質に自信アリ!国内産のサバを使ったみそ煮缶



1949年から缶詰を作り続けている株式会社極洋の「さばみそ煮」缶は、国内で水揚げされたサバを使用して作られています。
品質を維持するために、缶詰加工工場には定期的に品質をチェックする専門の部署があり、調査や衛生指導を行っているんですって!
普段何気なく食べている缶詰ですが、こうした厳重な管理がされているなんて驚きですね♪(*^^*)




缶詰を開封すると、ゴロっとしたサバがぎっしりと詰まっています。

「さばみそ煮」に使われている味噌は、長野県を中心に生産されている「信州産みそ」。
信州産みその淡い色と辛口味噌のサッパリとした旨味、芳醇な香りはサバを美味しく煮含めてくれるんです。



このまますぐに白いご飯と一緒に食べたいなぁ!
そんなはやる気持ちをおさえて、まずは「さばみそ煮」缶を使った炊き込みご飯を作ってみましたよ♪

炊飯器に放り込むだけ!簡単すぎる炊き込みご飯レシピ



「炊き込みご飯」というと、手の込んだ料理というイメージがありませんか?
具材を切って調理したり、出汁を用意したりとちょっと面倒ですよね。

でも、今回紹介するのは、基本的にお米と「さばみそ缶」だけあればOKなレシピです!




画像にある千切りの生姜とねぎはトッピング用です。
お米を研いでいつもの水加減より少なめにしたら、「さばみそ煮」缶を1缶、煮汁ごとポン!と入れるだけ♪

あとは、いつも通りに炊飯のスイッチを押して、炊き上がるのを待ちます。



炊き上げている最中は、なんとも言えないお味噌の芳醇な香りが台所に漂います♪

今回は、お米2合を炊いてみましたが、これが丁度良い具合に!(*^o^*)



「さばみそ煮」の旨味がご飯の一粒一粒にしっかりと染みています。

薬味はお好みで◎
「生姜を混ぜたほうが美味しい!」という意見が多いようなので、生姜が苦手じゃなければぜひお試しを!

マヨネーズを使って、極上のおつまみを・・!



BSジャパンで放送された「ワカコ酒 Season2」に登場していた『ツナ缶マヨ焼き』が美味しそうだったので、作ってみたいなと思っていたのですが、もしや「さばみそ煮」缶でも再現できるのでは!?
ノンオイルのツナ缶の代わりに「さばみそ煮」で作ったら一体どうなるのでしょうか・・!?

まずは、ココット皿に缶詰の中身をすべて移します。
ココットの大きさに合わせて、分けるのもアリですよ。
今回は、1缶から3つに分けることができました♪
一人分のおつまみになりますね!




次に、期待と不安に胸躍りながら、薄くスライスした玉ねぎをたっぷりとのせていきます。

さらに、玉ねぎの上に、マヨネーズをたっぷりと!!
これでもか、というほどのせていきます。あぁ、もう元には戻れない・・。

そして、トースターで焼いていきます。
ジジジ・・と仕事を淡々とこなすトースター。



2〜3分ほどすると部屋中にマヨネーズが焼ける香ばしい香りが漂い、なんだかとってもいい色に焼けてきました♪(*^o^*)

待っている時間もなんだか楽しいですね~!

玉ねぎに火が通れば、完成です!(5〜7分程度。トースターによって違います。)

とびきりアツアツなので、トースターから出すときは注意して下さいね☆



モリモリだったマヨネーズが大人しくなり、とっても美味しそうな香りがします。
一体、どんな味がするのかな~!

マヨネーズのふちには、何やらおいしそうな液体が見えているではありませんか!?



スプーンを投入してみます!ブスッ。
ジュワァァ~~~っとトースターの熱で溶けたマヨネーズと「さばみそ煮」の煮汁が合わさったハイカロリー液が溢れてきます。
スライスした玉ねぎも、しんなりしていい感じ!

「さばみそ煮」自体もマヨネーズのコクが加わって、さらに3倍増しくらいで美味しくなっています!!



これは旨い!とにかく、酒のつまみに最高だ・・!ヾ(*´▽`*)ノ
と有頂天になりながらも思い出しました。

そういえば、さっきの炊き込みご飯、まだあったよね・・?
もしかして、合体したらもっと美味しくなるんじゃないかな。゚+(b゚ェ゚*)+゚

作って後悔!?悪魔丼が美味しすぎて怖い



いや、絶対に旨いハズ!試さないのは罪!!
と、変な感覚に襲われながら「炊き込みご飯」の上に「さばみそマヨ焼き」をのせて丼にしちゃいました。

しかも、マヨネーズをさらにプラスして。


ちょ、、これ、、旨すぎです!!∑(OωO )
めっちゃ・・お箸というかスプーンが止まらないww

マヨネーズとさばみそ煮の美味しいエキスを炊き込みご飯がたっぷり吸いこんでいます!

炊き込みご飯に加えていた生姜の千切りがアクセントになって、いい仕事していますっ。

でも、超ハイカロリーですよね、この悪魔丼・゚・(。&Д&。)・゚・

クセになっちゃう美味しさを保証!



さばの味噌煮を食べたい時に缶詰を開ければすぐ食べられるというのは、とってもお手軽でいいですよね!
「さばみそ煮」は、おつまみとしても、おかずとしても大活躍してくれる食材です。

でも、食べ方はひとつじゃないんですね!
今回いろいろアレンジしてみて、無限の可能性を感じてしまいました!!

悪魔丼は、ハイカロリーすぎて躊躇してしまうかもしれませんが、ガッツリ食べたい気分の時には、ペロっと食べれてしまうという恐ろしさを秘めています!
つまみとして作って、みんなで食べれば怖くない!?話が弾みそうなメニューですよ♪
とにかく、1度食べたら病みつきになること間違いありません!

炊き込みご飯を作らなくても、白いご飯に「さばみそマヨ焼き」をのせて生姜の千切りをトッピングするだけでも十分に美味しいと思いますよ。(*^o^*)

この記事を読んで悪魔丼がちょっと気になってきちゃった方、一度開いた扉はもう閉まらないということをお忘れなくw

※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。