2016年05月13日 更新

「スパイシーハラペーニョ 味禅」の衝撃!青唐辛子マジックで、あらゆる料理が爽やかに“旨辛”くなる!

太陽がギラギラ輝き、木陰や半袖が心地よく感じられるこれからの季節…。体が欲しがるのは、食欲中枢を刺激するピリリとスパイシーなお料理です。タバスコ、柚子胡椒、ラー油など多くのスパイシー系調味料がある中、今回ピックアップするのは、株式会社うまだれカンパニーさんの「スパイシーハラペーニョ 味禅」。これまでに味わったどんな調味料にもない、不思議な辛さと味わいが編集部でも大人気。食事のたびに食卓に登場し、あらゆるものにかけまくっている人もいるほど!

材料は、ハラペーニョ(唐辛子)、塩、酢だけ!

「ハラペーニョ」は、メキシコ原産の青唐辛子(グリーン チリ)。ハバネロほど辛くなく、比較的食べやすい青唐辛子といわれています。す。


「スパイシーハラペーニョ 味禅」は、希少な国産ハラペーニョを旬の時期に収穫し冷凍保存し、塩と千葉県産の醸造酢と合わせ、すっぱ辛く仕上げたハラペーニョソース。合成保存料、合成着色料、人工甘味料、化学調味料不使用で、原材料は添加物の入っていないものを選んで使っているそうです。
スプーンですくうと、青唐辛子の爽やかな香りがふんわり広がり、それだけで食欲が激しくそそられます。味見をすると、かなりの辛さ!だけど辛さの奥に不思議な旨味があり、辛いのに味見が止まらない…。3つのシンプルな原材料の、絶妙なバランスが生み出すマジックなのでしょう。この味に決まるまで、開発に数年をかけたというのも納得です!

冷奴、餃子、刺身、食べ慣れた料理が不思議なほど、爽やかに旨辛くなる!

辛み系調味料を味わうのに一番いいのは、お豆腐。絹ごし豆腐に「スパイシーハラペーニョ 味禅」とオリーブオイルをかけてみました。グリーン同士で色の相性も良く、美しい。そして食べたら…。青唐辛子の爽やかな辛みをお豆腐の甘味がやさしく受け止め、塩と醸造酢の旨味が追いかけて来て…。最初ぽっちりのせただけだったのが、気がつくとスプーンを容器に入れて、がんがんかけています。かけるほど、おいしいんです。
餃子のつけだれに、ラー油の代わりに入れてみました。これもひと味違う、涼し気な辛さに変身。いつもの餃子より複雑な味わいに。
白身のお魚につけても、いけました。たっぷりの「スパイシーハラペーニョ 味禅」で和えて、丼にして、わしわし食べたくなりました。

肉料理にも、野菜料理にも、青唐辛子マジック!

お肉にもよく合います。唐揚げにそのままトッピングしてもいいし、編集部で受けたのが、大根おろしとミックスし、揚げたての唐揚げにからませて食べる方法。さっぱりした辛さに、唐揚げがいくらでもすいすい入ってしまいます。

揚げ物をさっぱり食べたい時に、本当におすすめ!穴子のフリットには、間違いなく合いそう。
穴子のフリット ハラペーニョソース
hiroqazu あぁぁぁ
「スパイシーハラペーニョ 味禅」とマヨネーズをミックスしたソースは、万能。野菜スティックにつけてもおいしかったのですが、グリルしただけの野菜にかけてもたまらない味わいでした。
キュウリとセロリのハラペーニョソース和え。これはもう、想像しただけでよだれが!
キュウリとセロリのハラペーニョソース和え

混ぜるだけで、絶品の冷製パスタが完成!

一番のおすすめは、シンプルな冷製パスタ。茹でて冷たく冷やしたパスタに、「スパイシーハラペーニョ 味禅」と少量の塩をからめれば、それだけでフォークが止まらないおいしさ。さらに水菜とタコを「スパイシーハラペーニョ 味禅」にからめたものをトッピングすれば、自分で作ったとは思えないくらい完成度の高い冷製パスタが完成。

このパスタのためだけにでも買って欲しい、と思うくらい絶品のパスタでしたー。

発売7年で、シリーズ累計販売本数13万本も売れているそうです!

「スパイシーハラペーニョ 味禅」を作っている株式会社うまだれカンパニーさんの主力商品は、創業者の大久保貴之さんが数年間かけて考案した「味禅(みぜん)」というソース。醤油をベースに、ネギや生姜をたっぷりと入れて、蜂蜜や紹興酒、豆板醤などブレンドした万能ダレです。発売7年でシリーズ累計販売本数13万本も売れているという、隠れたヒット食品なんです。
「ノーマル」「辛口」「生姜」の3種類がありますが、夏のもうひとつのおすすめが、ドレッシングタイプの「梨味禅」。生まれ育った千葉県市川市を愛する大久保さんが、市川産の梨のピューレと綿実油を合わせて作った玉ネギ系フレンチドレッシングです。これがまた、冷製パスタのソースにぴったり!お刺身にもよく合うんです~♡
味禅のブランドサイトには、さまざまな使い方のアイディアやレシピ、こだわりの理由がぎっしり詰まっていて、読みごたえあり。ぜひ一度、のぞいてみて!
※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。