2016年04月28日 更新

「ハーブソース」こそ、おかずの救世主!肉・魚・野菜にからめるだけで、プロ級の味

縁あって編集部に届く多くの食品の中で、とりわけ多いのが調味料です。その中で今、私がはまっているのが、日本サーナさんの「ハーブソース」。メニューに悩んだ時、肉でも魚でも野菜でも、これをからめればあっという間にレストラン級の一品が完成。パンフレットに書かれていた「失敗知らずの極旨万能ソース」というキャッチフレーズを、使うたびに実感しています。そのおいしさ、便利さを、ぜひ聞いてください!

原料は18種類のハーブと生野菜、フルーツ

ハーブソースを最初にそのまま味見した時、「ウスターソースに似ているな」と思いました。でも料理に使って見てびっくり。まろやかな辛味とやさしい酸味があって、野菜特有の旨みやコクもあって、複雑な香りもある。

原料を見て、その理由がわかりました。複雑な香りは18種類ものハーブ(ブラックペッパー、シナモン、セロリ、クローブ、クミン、フェンネル、ジンジャー、ローレル、マスタード、ナツメグ、セージ、タイム、ホワイトペッパー、オールスパイス、ガーリック、オニオン、唐辛子、カルダモン)。一般的なソースにもハーブは必ず入っていますが、こんなに多種類は珍しいですよね。
ハーブソースは生野菜とフルーツを丸ごと釜に入れて煮込んだ濃縮エキスを使用していますので、生野菜とフルーツでなければ出せない甘みを引き出しているそうです。

まろやかな酸味と辛みは、ワインビネガーと高級マスタード。

いちおしは、チキンソテー。つけあわせもいっしょにできちゃいます

パンフレットに載っていたレシピで最初に試したのが、チキンソテー。塩・胡椒した鶏もも肉をオリーブオイルで焼き、仕上げにハーブソースをからめるだけ。付け合わせの野菜も同時に焼いて、いっしょにハーブソースをからめてしまえば完成です。
コツといえば、ソースにとろみが出るまで火を通すことだけ。できたてがハーブの香りが広がって特においしいのですが、冷めると味が染みてまたおいしい。作りおきにもお弁当にも便利で、豚肉にも牛肉にも合います。

魚介類に、またよく合うんです

このソースは、鮭やタラなどの魚をソテーした時にも使います。またタコやイカ、エビなどのソテーにもすごくよく合うのです。一番よく作るのは、冷凍の海老が安い時に、電子レンジでチンしたジャガイモといっしょに炒め、スパイスソースをからめた料理。ただ炒めてからめただけなのに、自分で作ったと思えないハイレベルな味付け…。

タルタルソースが大人バージョンに

ウスターソースを熱い料理にかけると、ツンとした酸味を感じることがあります。でもこのスパイスソースは酸味を抑えているので、それがない。だから豚カツなどのフライにはもっぱら、スパイスソースをかけるようになりました。ある時海老フライを食べていて、タルタルソースにこのハーブソースを混ぜてみたら、一気に複雑な味わいになり、びっくり!
それからはタルタルソースはハーブソースを入れてたっぷり目に作り、タルタルソースをつまみにお酒を飲むようになりました。

生野菜にだって合う~

じつはこのハーブソース、生野菜にただかけただけでもおいしいんです。それに気がついたのは、計量スプーンに少し残ったハーブソースがもったいなくて、切りかけていた生野菜をつけて食べたら、とてもおいしかったから。
今では、少し残った野菜はタッパーにまとめておいて、ハーブソースに漬けこんで、サラダ代わりに食べています。時間がたつにつれ、味がしみてどんどんおいしくなるのも楽しい♪

ご飯、麺類との相性がまた異常にいいんです~

じつはこのハーブソースを始めて味わった時の印象が、「名古屋で食べたあんかけスパのソースに似ている…」ということ。だからこれで作ったら、かなり本場の味に近くなるのでは、と思っています。
あんかけスパゲッティ
micciewaori ケチャップベースのあんかけをたっぷりかけたスパゲッティです。 ピーマンやハムなどの具に懐かしい味付けでレトロに仕上げました( ^ω^ )
ケチャップの代わりにハーブソースを使ったオムライスは、ワインに合わせたい大人の味。チャーハンにしても間違いない、と断言できます。
ソース焼きめし
kiyoshun 何も冷蔵庫にないときのチャーハン。具材は紅生姜と卵と蒲鉾だけ。軽く塩胡椒をしたら仕上げにウスターソースをかけて完成🎶
砂肝をさっとゆでて、ラー油と醤油に漬けるのはよくやっています。本当においしいですよね。ハーブソースでも絶対やってみたい!
砂肝のウスターソース煮
901380998 メンマのネギあえ、小松菜とベーコンの炒め

塩分は、ウスターソースの1/3以下なんです!

ハーブソースは、ごく少量で味がつくので、1本でかなり使いでがあります。だからてっきり塩分濃度が濃いと思っていたのですが、じつは塩分は抑えられていて、100g中2.6gだそうです(ちなみにウスターソースは8g)。健康にも配慮しているんですね。

また原料で使われなかった部分はハーブ園の肥料にしたり、製造過程でできる残渣(かす)を地域の農家の堆肥として使用したり、と環境に配慮している点も、いいなあと思いました。
ハーブソースは、カレーやハンバーグのソース、煮込み料理のベースや隠し味にも使えるそうですよ。
ひとつあれば、手作り料理の心強い味方になりそう。
※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。