2016年03月23日 更新

やせて、若返って、健康になる!衝撃のスーパー食材「蒸し大豆」は、おいしさも衝撃的だった!

夏に向けて本格的にダイエットをしなくては。
そう思っていた時に、「糖質オフダイエット時のたんぱく質補給に蒸し大豆がいい」という情報をキャッチ!

ゆでた大豆は缶詰などでたまに食べることがありますが、“蒸し大豆”は未体験。
なんでもゆでるより、蒸すほうが栄養もおいしさもアップするのだとか。

食べてみたいけど、毎日となると蒸すのがちょっと面倒かも・・・。
と思っていたら、手軽に食べられるパック詰めの「蒸し大豆」がありました!

製造元の小倉屋柳本さんにお願いし、サンプルをお送りいただくことができたので、さっそく試してみました。

サプリメントを軽く超える、すごい健康効果にびっくり


大豆はご存じのように、“畑の肉"と呼ばれるほど良質なたんぱく質を多く含む栄養豊富な食品です。

そのほかにも、余分なコレステロールや内臓脂肪、中性脂肪を効果的に減らすといわれている「βコングリシニン」、女性ホルモンのバランスを整える「イソフラボン」、免疫力を高める「大豆サポニン」、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」など、機能性成分がたくさん含まれています。

また「コラーゲンの生成を活発にしてお肌の健康を保つ手助けをしてくれる」「抗酸化作用でシミを改善してくれる」など、美容の面でもうれしい効果が。

さらに蒸し大豆は100g(1袋弱くらい)あたり6.7gの食物繊維を含んでいますが、これは同じ量のゆでたゴボウ(6.1g)より多いそうです!

糖質制限食で便秘になる女性が多いことからも、蒸し大豆が推奨されているんですね。

こうしたさまざまな体にいい成分が含まれていることから、厚生労働省は、国民の健康づくり政策「健康日本21」で、1日100g以上の豆類を食べることを推奨しています。
でも実際には、その半分程度しか摂られていないとか(平成22年国民健康栄養調査)。

栄養が失われにくいのは、蒸し大豆>茹で大豆>納豆>お豆腐!

これらの体にいい成分は、大豆のいろいろな部分にあるので「大豆は丸ごと食べる方がいい」のだとか。

加工や調理によっても、失われやすい成分があります。
例えばお豆腐にすると、加工の段階で食物繊維が「おから」となって取り除かれてしまいます。

また納豆は、加工することで健康にいい成分が増えますが、その一方、発酵の過程でオリゴ糖やβ‐コングリシニンが失われるといわれています。

さらにゆでる時に、たんぱく質やイソフラボンなど、さまざまな栄養素や機能性成分が水の中に溶け出してしまいます。

そしてじつは、うまみ成分であるグルタミン酸も、水に溶けやすい成分。
だからゆで大豆よりも蒸し大豆に多く残っていて、蒸し大豆のほうがおいしく感じられるそうですよ!

食べてびっくり! 料理する気がなくなるくらい、素材のままでおいしい

ここまで知ると、すぐにでも食べたい気持ちに。
料理に使う前にまず、そのままを食べてみました。
・・・びっくりです!
水煮の豆とはまるでちがう、濃厚な旨味!
「グルタミン酸がたっぷり残ってる」のを、舌で実感しました。
豆というより、ナッツのようなコクと甘味。
味見のつもりが止まらなくなり、「無理に調理しなくても、このまま食べればいいのでは」と思いかけたほど。
でも毎日食べるとなると、やはり変化が欲しくなると思います。
そこで、食べるラー油で和えてみました。
これだけでもおつまみとして超おすすめ!
海苔の佃煮やなめたけ、スイートチリソースなんかもよさそう。
上の写真の奥は、ポン酢で和えただけ。
手前は、ちりめん山椒とオリーブオイルを和えたもの。
これがまた、サイコーてした!
カレー味にしたら、お酒が進んで止まらなくなりそうでコワイ…。
蒸し大豆アレンジ☆
chao84 カレー味&酢醤油味(^^)スナック菓子みたいな仕上がりでパクパクとまらない〜

作りおきサラダにしたら、スプーンが止まらない!

蒸し大豆を味見していて思い出したのが、前にジャーサラダの作りおきを週末にまとめてしていた時のこと。
よく使っていた豆の水煮は水が出ず、ドレッシングの味がしみて日がたつほどおいしくなったっけ…。
そこで蒸し大豆を使って、作りおきサラダにチャレンジ。
まずは小倉屋柳本さんのサイトのレシピコーナーにあった「まめたこサラダ」をヒントに、材料を大豆の大きさにそろえて作ってみました。
大豆のやわらかな食感とキュウリのパリパリ感、タコの弾力のある食感が口の中でミックスされて、これはいくらでも食べられる!
次に食感が似ていそうな、じゃがいも、枝豆をミックスして、塩とオリーブ油で和えてみました。
今回作った中で、これが一番お勧めかも!

蒸し大豆、じゃがいも、枝豆、それぞれ種類が異なるホクホク感と甘味があって、味見のつもりがノンストップ状態。
危なくタッパーひとつ食べきるところでした。
アボカド、茗荷といっしょに味噌マヨネーズで和えたサラダも、後をひくおいしさ。

そして食べて気がついたのですが、このサラダ、ものすごく腹持ちがいいんです!
サラダだけでかなり満腹感があり、ほかのものがあまり入らなかったほど。
これは糖質オフ時のお弁当によさそう!
シンプルな素材のサラダにプラスするだけで、栄養も美味しさも腹持ちも、全然違います!
キャベツと大豆のポン酢サラダ〜♪
harupyonei5 そのまま食べれる蒸し大豆がよくスーパーで売られてるので、サラダや煮物、いろんな料理に重宝してます。(*^_^*)

毎日摂りたいものだから、やっぱり国産大豆で、栽培にもこだわりがあるものを選びたい

今回、サンプルをご提供いただいた小倉屋柳本さんは、豆や昆布の製品を扱う専門メーカー。
「おいしい蒸し豆」シリーズだけでも7種類の製品があります。

だから豆にはこだわりが強く、蒸し豆に使用されている大豆は、北海道の契約農家で契約栽培された「特別栽培大豆・黒豆」。

もちろん遺伝子組み換え大豆ではなく、農薬や化学肥料などの使用にも配慮されているそうです。
「おいしい蒸し豆」シリーズの中には、ほかにも気になる商品がたくさん。
今気になっているのは、この「おいしい雑穀 蒸し雑穀」。
雑穀って扱いがむずかしそうで腰がひけていたのですが、これなら3種の豆と3種の雑穀が柔らかく蒸されているので、電子レンジで温めて炊きあがったご飯に混ぜるだけでOK。
糖質オフ中にどうしてもご飯が食べたくなったら、これを混ぜて食べてみようと思います!

※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。