2016年02月24日 更新

「フルーツジュースより甘くてトロトロ!」と噂の「食べるキャロットジュース」を、カクテルにしてみた

一時期、手作りの人参ジュースにはまってたことがあり、作らなくなった今も時々、むしょうに飲みたくなることがあります。
でも市販の人参ジュースだと、甘さも香りも食感もサラッとしすぎていて(確かに飲みやすいのですが)、ちょっぴり物足りない思いをしていました。

そんな時に友達が「フルーツジュースより甘くて、トロットロの人参ジュースを見つけた」と教えてくれたのが「食べるキャロットジュース」。

飲んでみたら、まるで手作りしたようなとろみ、甘さ、香りにびっくり!
朝だけでなく、夜のくつろぎタイムにも愛飲しているほど。
そんな時ふと「カクテルにしてもおいしいのでは?」とひらめきが。
ゴールドパックさんにお願いしてサンプルをお送りいただくことができたので、さっそく作ってみました。
「食べるキャロットジュース」を飲んで最初におどろくのが、その甘さととろみ。

なんでもゴールドパックさんはにんじんジュースのパイオニアで、独自の搾汁技術を持っているのだそうです。
手作りのようなやさしいとろみの理由は、人参の搾り汁と、食感が異なる2種類の「クラッシュ果肉」をバランス良くブレンドしているからだそうですよ。
食塩・砂糖・着色料・保存料・香料不使用。
本当に家庭でつくるのと同じ原料なので、安心。

さて、まずは一番簡単なカクテルから始めましょう。

ブラッディ・メアリー風にビールとミックスして、「キャロッティ・メアリー」

ビールとミックスして「ブラッディ・メアリー」風に。
人参だから「キャロッティ・メアリー」と名付けました。

とろみのせいか、きめの細かいきれいな泡ができます。
見るからにおいしそう!
色もキレイで、気分が上がる!
「食べるキャロットジュース」のフルーティな甘さと、ビールのほろ苦さが、こんなに相性がいいとは!

そしてビールの炭酸が加わることで、とろりとした食感がさらになめらかになり、喉越しも爽やかに。、

これは、ビール好きにも、ビールが苦手な人にも受けそう。
オレンジジュースのような鮮やかな色から連想して、絞りたてのオレンジで作るカクテル「バレンシア」風にしてみたくなりました。

バレンシアは、オレンジ・ジュースとアプリコット・ブランデー、オレンジ・ビターズをシェイクしたもの。

「食べるキャロット」にアプリコットのリキュールをステア(かき混ぜた)だけですが、これまた絶品!
ちなみに、梅酒にしてもおいしかったです♪

冷凍フルーツを氷代わりにすると、溶けるほどフルーティなカクテルに!

さらに、飲み残しの白ワインと炭酸、冷凍フルーツを使って、ワインクーラー風にも。

生のフルーツでもおいしいけれど、私は冷凍フルーツがおすすめ。
なぜなら、氷代わりになって冷たさをキープしてくれるし、氷のように解けても薄まらず、むしろフルーティになるから。

ラズベリーなら、溶けるにしたがって、赤い色がにじみ出てきて、それはそれは美しいですよ。
まずは、冷凍フルーツを適当に入れます。
次に「食べるキャロットジュース」とワインをお好みの割合で入れて…
最後に炭酸をプラス。
完成です。
ストローをさして、フルーツをつぶしながら飲んでもいいし、ジュースがしみこんだフルーツを最後に食べるのもおすすめ。

飲み過ぎるといつも後悔しちゃいますが、このカクテルなら、飲めば飲むほど健康になれそう。
しかも美味しいし、手軽だし、笑いが止まりません。
このとろとろの食感と甘さを活かして、デザートもおいしそう。
夏になったら、かき氷のシロップにしてみたい…
と、どんどんアレンジが浮かんできます。
人参ジュースで仕込んだ塩麹の素麺
purechildjunko ☆こんばんは…♪ Blog「キャロットジュース塩麹の冷やし素麺♪」 http://junjun.eshizuoka.jp/e924508.html をUP致しました。 色んなジュースで塩麹にチャレンジしていますが、人参ジュースは甘くておすすめです(*^^*)
塩麹をプラスして、麺つゆにするとはグッドアイディア!!
「食べるキャロットジュース」なら、とろみがあるから麺によくからみそう。

夏になったら、絶対に試してみたい。
人参ジュースご飯 離乳食
okonn1109 離乳食だよ。 おこん 炊かれたいオトコ
「食べるキャロットジュース」なら、心配なものが入っていないから、離乳食にもよさそうです。

人参を毎日摂れば、美肌になって、冷えが予防できて、アレルギー改善も!?

人参に美肌効果があることは有名ですが、最近では体を温める効果や、アレルギーを予防する効果も注目されているとか。

むくみやすい私には、むくみ予防にいいと言われてるカリウムがこれ1本で512mgも摂れるのも嬉しいポイントだったりします。

これからの花粉シーズンや紫外線最強シーズンに備えて、冷蔵庫に常備しておき、サプリメント代わりに毎日飲みたい。

飲み切りサイズだから、いつも開けたてのものが飲めるのも嬉しい。

こんな小さい1缶(160g)に、なんとにんじん2.8個分(約450g)使用しているそう。
(加工中に失われる成分も多少あるそうですが)
だから不思議なほど腹もちがいいんですね。
そのせいか、これを朝食にプラスしてから、午前中に間食しなくなりました。
まさに「食べるキャロットジュース」。
※この記事は、編集部が気になった食品メーカー様にお願いしてサンプル品をお送りいただき、自発的に掲載している記事となります。とりあげてもらいたい商品、気になる商品がある方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。なお、記事化の保証はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。