2015年09月29日 更新

【パスタの世界】マカロニ?ペンネ?どう違うの??(ショートパスタ編)
(2 / 2ページ)

ガルガネッリ

「ガルガネッリ(Garganelli)」はペンネと一見よく似た形をしたショートパスタです。
生地には小麦と卵を使い、ペッティネという道具を使って正方形の生地をくるっと丸めた形に成型します。
ペンネは縦方向に筋が付いていますが、このガルガネッリは横方向。
この細かい溝に、ミートソースや鴨や鳩の煮込みソースを絡めた料理が伝統的です。

ところで、なぜこんな形になったのでしょう?

1725年のある日、晩餐会のための料理としてトルテリーニを計画したシェフは、四角い生地や詰め物の具材用意していました。
しかしペットに用意していた具材を食べられてしまい、困ったシェフは残ってしまった四角い生地を丸めて小さなパスタにすることを思いつきました。
これがガルガネッリの発祥となったというのです。
話の真偽はわかりませんが、こんな逸話があるのもおもしろいですね。
早朝ガルガネッリ
早朝ガルガネッリ
アラビアータ・ガルガネッリ
アラビアータ・ガルガネッリ
mediocreY 長〜〜い青唐辛子を使ったアラビアータに自家製ガルガネッリψ(`∇´)ψ♪
参考:「Garganelli」(2015年8月30日(日) 11:21 UTCの版)『Wikipediaドイツ語版』

見た目も楽しめるショートパスタ、ぜひご家庭でも♪

今回の「ショートパスタ編」、いかがでしたか?
中には手作りパスタの写真もあり、とってもおいしそうでしたね。

次回はパスタの世界「番外編」です。
みなさんも是非パスタの世界に足を踏み入れてみてください☆
関連カテゴリ