2015年09月09日 更新

ひと工夫でレベルUP!サラダを美味しくみせる3つのコツ♪

どんな献立にも必要不可欠な一品といえば・・・それはサラダ。
不足しがちなビタミンと食物繊維を一気にとれる、美容と健康のためにも是非準備したい一品ですよね。
ただ、料理としてはシンプルが故に、盛り付けがワンパターンになりがちなのも事実。。。

そこで今回は、いつものサラダにひと工夫する3つのポイントを伝授しちゃいます!

その1:補色を組み合わせる

美味しそうに見えるサラダのコツ1つ目は色の組み合わせ。
補色の関係にある色を組み合わせることで、両方の色が引き立ち、色鮮やかなサラダになるんです!

特に赤(トマト、にんじん、パプリカなど)と緑(キュウリ、パセリ、ピーマンなど)は具材を手に入れやすく、また具材同士の相性も抜群。その他、黄(かぼちゃ、黄パプリカなど)と紫(なす、紫玉ねぎなど)も合わせやすい補色関係にある組み合わせです。

食材で組み合わせられない場合は、お皿の色に取り入れてみるのもおすすめですよ!
タコ、トマト、香草のサラダ
cedro ドレッシングの絡みが良いようにアマランサスに纏わせています(*^^*)
ゴーヤとキュウリのニンニク生姜たっぷり!スタミナ中華サラダq(^-^q)
sakurakoaya31 我が家で一番よく作るゴーヤ料理です! お野菜のみだけど、スナミナつきますよ(^^)d ビールのヘルシーなおつまみにもなりますし、お食事にもぴったり~(*^^*) 私は生姜もたっぷり加えますが、お子さん用には少し控えめで。 我が家は子どもも食べるゴーヤ料理です。(キュウリ多めで食べてますけどね…(^^;)
夏野菜の土佐酢づけ
tjKATOREA 酸っぱい食べ物好き(*´ー`*)

その2:食感の違うものをトッピングする

続いてのテクニックはトッピング。
サラダの盛りつけの仕上げに、食感の違う素材を加えてみると、高級感が出ちゃいます。

オススメのトッピング食材は、ナッツ・クルトン・ベーコン・フライドガーリックなど。
サラダ用にあらかじめ小分けされているトッピングセットも市販されているので、要チェック!
クルミいっぱいのカボチャサラダ🎃
412mo カボチャの中にクルミが入ってますが、見えないから上にも꒰*´∀`*꒱ 娘っ子に好評です💖💖
パリパリとした食感のロメインレタスのシーザーサラダ〜♪
youstylebiqLy たっ〜ぷり作っても、美味しいので、ペロリと完食できます。 美味しかったです♪
牛タタキとほうれん草のサラダフライドガーリック添え

その3:ツリー型に盛り付ける

最後のテクニックは盛りつけ方。
高さを意識し立体感のある盛りつけをする事で、いつものサラダもなんだか豪華にみえちゃいます。

特にゴーヤやゆでたカボチャなど固めの具材が入ったサラダは、きれいなツリー型に盛りつけしやすいのでおすすめです。トマトなどの輪切りにした野菜をタワー型に重ねていく盛りつけも、覚えておきたいテクニック。
豚肉とゴーヤの春雨サラダ
Kusukus 少し前に作ったサラダです。 ゴーヤ使いで、さっぱり清涼感はありつつ適度に食べ応えもあって、家族にも好評だったのでレシピ保存しておきますね(*^^*)
苦くないよ我が家のゴーヤツナサラダ❤
klala 子供も食べれる毎年夏の定番ゴーヤサラダ❤ 今年初~✨✨✨ 夏がキタ━(゚∀゚)━!!!!!!! って、感じする~(●ↀωↀ●)✧ もう蝉も鳴いとるね。
じゃこと青じその重ねトマトサラダ🍅
Kusukus 久し振りに積んでみました🍅 食べ辛いのは承知の上でございます❤ だって‥楽しいんだもの(笑)🎵

盛り付けと組み合わせでサラダは変わる!

いかがでしたか?切って盛るだけなのに奥が深いサラダ。
是非3つのポイントを参考にして、あなただけのお得意サラダを編み出してくださいね。