2015年09月28日 更新

【パスタの世界】パスタの形は丸だけじゃない!(ロングパスタ編2)

スパゲッティに代表されるパスタ。

実は様々な種類があると前回お伝えしましたが、(前回の記事はコチラ)
今回は、スパゲッティのような丸い形ではないロングパスタにスポットを当てて行きたいと思います!

平らなパスタ

生地を薄くのばし、切った断面が平らなパスタ。
丸いパスタと同様に、種類によって様々な名前が付けられています。
中には日本のきしめんの倍以上に太いものもあります。
ソースとの絡みがよく、一般的には濃厚なソースと組み合わせた料理が多いのが特徴です。

1.パッパルデッレ

「パッパルデッレ(Pappardelle)」は、薄い板状にのばした生地を20 - 30mm幅のリボン状に切ったパスタ。
イタリア語の「豪快に食べる」「食いしん坊」という意味の「パッパーレ (pappare)」が由来です。
濃厚なミートソースやクリームソースと良く合います。
焼きパッパルデッレ
mediocreY ポルチーニと自家製すじ肉のラグーをツイアーの鉄板で♪ 3、2、1、ぱっぱる!ぱっぱるψ(`∇´)ψ♪
手作りの生地、おいしそう♪
パッパルデッレ
mediocreY パスタづくりその16♪ その1と全く同じ( ;´Д`)
参考:「パッパルデッレ」(2015年8月18日(火) 19:44 UTCの版)『Wikipedia日本語版』

2.タリアテッレ/フィットチーネ

卵と小麦粉を混ぜて作る、タリアテッレ(Tagliatelle)。
イタリア語で「切る」という意味の「tagliare」から来ています。
パスタの幅が5mmから10mmほどの平麵で、地域によって「フィットチーネ(Fettuccine)」ともいいます。
どちらも基本的に同じものですが、フィットチーネのほうが少し幅が広いとされています。
フェットチーネには、生地にほうれん草を練り込んだ「フィットチーネ コン・スピナータ」などもあります。
ソースが絡みやすく、濃厚なクリームソースやトマトソースとの相性は抜群です!
Spring Tagliatelle with lemon cream sauce 🍋 春のタリアテッレ レモンクリームソース
centralfields こごみ、そら豆、グリンピース、アスパラガス、冬が寒ければ寒いほど美味しくなりますね
タリアテッレ ジェノベーゼ 〜トラットリア ケ パッキア 岡村シェフ考案〜
chefgohan 毎月、一人のシェフをクローズアップして、シェフにとっての特別な思い出のレシピを教えていただく「ピックアップシェフ」。 今月は、麻布十番『トラットリア ケ パッキア』の岡村光晃シェフに伺いました。 【詳しくはこちら 】http://www.chefgohan.com/pickups/21
蟹トマトクリームパスタ。
cocoatea 一匹¥126で買った冷凍クズずわい蟹と蟹缶で蟹トマトクリーム✌ 家庭以上お店未満の味😁😁 充分美味しいよ〜💗❤ ちょっと写真撮るのにモタモタしてたら汁吸っちゃったみたい💦😂😂

その他のロングパスタ

1.リングイネ

「リングイネ(linguine)」はスパゲッティを押しつぶしたような楕円形をしたパスタ。
平らな麵にくらべて弾力があり、モチッとした食感が特徴です。
クリームソースやバジルソースなど、味のしっかりしたソースと相性が良いようです。
Linguine(蚕豆とエリンギと帆立のマリナーラソース仕立て)
ussenterpri07 そらまめと帆立とキノコは相性抜群ですね!オイル系のパスタも良いのかな~と思いつつも,食感を考えて少し太麺に。と,なると・・・ソースはマリナーラも"おおあり"だよねぇ~ いっただっきま~(^з^)-☆っす!!
簡単カルボナーラ
ayuzato 多分、絶対失敗しないカルボナーラです。調理師の妹から教えてもらったレシピです。
参考:「タリアテッレ」(2015年8月18日(火) 19:46 UTCの版)『Wikipedia日本語版』

2.ブカティーニ

「ブカティーニ(Bucatini)」は中央に穴の開いているロングパスタ。
イタリア語で「穴」を意味する「ブーコ」 (buco) から来ています。
穴のあいた太めのパスタは噛みごたえがあり、特にこってりしたソースとの相性は抜群!
ブカティーニ・アマトリチャーナ
tak21 仕込んでたパンチェッタが出来たので、前から作りたかったアマトリチャーナを。旨いんだけど、色合いとかもろもろB級臭が凄いw
↓ブカティーニはこんな麵!
Bucatini ブカティーニ
参考:「ブカティーニ」(2015年8月18日(火) 19:48 UTCの版)『Wikipedia日本語版』

3.キタッラ

「キタッラ(Chitarra)」という名前、実はイタリア語で「ギター」という意味。
木枠にギターのような細い弦を張った道具を使って、薄く伸ばしたパスタ生地をめん棒で押し切って作ることから、「スパゲッティ・アッラ・キタッラ」といわれるようになりました。
出来上がったパスタは、断面が四角く、コシが強いのが特徴です。
このパスタはトマトベースで羊肉などを煮込む、アブルッツォ州の郷土料理に用いられています。
仔羊と葱の煮込み キタッラ
鶏胸肉とキノコの豆乳クリームパスタ【キタッラ】
参考:「キタッラ」(2015年8月18日(火) 19:48 UTCの版)『Wikipedia日本語版』

お好みで使い分けてみては?

さて、今回は色々な形のロングパスタを紹介しました。

イタリアの伝統的な料理として、世界中の人に愛されているパスタ。
実はとても奥深い世界なんです。

日本でも深く浸透し、伝統的なソースだけではなく日本の食材を使ったレシピもたくさんあります。

気になるパスタを使って、自分好みのレシピに挑戦するのも楽しいかもしれませんね。

次回はショートパスタを紹介します。こちらも是非参考にしてみてください☆