2015年08月03日 更新

外パリ、中はしっとりん。話題の焼きモンブランを自宅で味わいつくすレシピ

広島発祥といわれる焼きモンブラン。
メディアでもちょくちょく取り上げられているので、ご存じの方も多いと思います。

なんと2,000年ごろからあったそうですが、私はつい最近まで知りませんでした・・・。
これは、モンブラン好きを自称する身としてほってはおかれない!

特に【パティスリーアルファ】の焼きモンブランは大人気で、せっかく広島に行ったら食べないと損!といわれるほどの逸品だそうです。はわわ〜₍₍ (ू ‾᷄꒫‾᷅ )ु ₎₎♥︎

そんな焼きモンブラン。食べたいですよね?わかります。私も、できれば朝昼晩食べたいです。
「でも、広島は遠い・・・」

そんな方のために、おいしすぎる焼きモンブランの作り方をご紹介します。
これであなたも焼きモンブラン三昧(⌯˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⌯)♡

広島がどれぐらい遠いかというと

徒歩で168時間・・・!

口惜しや

いったいこのモンブラン熱をどうやって鎮めればいいのか。

そんなあなたにドン!はい、ドン! shoboo16さんの「栗の渋皮煮を使って、焼きモンブラン」

栗の渋皮煮を使って、焼きモンブラン🌰

先ずは材料。メモの準備はいいですか?

<< 6個分 >>

栗の渋皮煮 : 6個
アーモンドプードル : 15g
砂糖 : 10g
小麦粉 : 10g
バター : 15g
卵 : 1/2個
溶かしバター : 適量
マロンクリーム : 適量
春巻きの皮 : 3枚

手順は簡単4ステップ♪

1.
 アーモンドクリームを作る。バターを練って砂糖とすり混ぜ、卵を加え、粉類を入れて混ぜる。

2.
 春巻きの皮を1/4の正方形に切る。
 溶かしバターを塗って、2枚重ねにする。

3.
 春巻きの皮の上にアーモンドクリーム、栗、マロンクリームをのせて、包む。

4.
 プリン型に入れて220度で20分焼く。

モンブラン畑で捕まえて

突然フレーズが頭に思い浮かびました。

モンブラン畑なんて無い?

そうですか・・。


こちらからは以上です。